Taft コンセプト。 ダイハツがオートサロンの布陣を公開!市販前提「TAFTコンセプト」ほかコペンGR Sport、ロッキーのカスタムカーも出展

ダイハツTAFT(タフト)コンセプトを初披露!遊びに仕事にいい軽SUV

クルマの横で飯盒でご飯を炊くんですよ!」 ……飯盒。 多くの来場者の注目を集めていました。 さらに、そのセンターコンソールには電動パーキングブレーキのスイッチが組み込まれているのも見逃せないポイントである。 東京モーターショー2019でサプライズ出展され、その後11月には発売されたコンパクトSUV「ロッキー」にも驚かされたが、最近のダイハツはこうやってみんなを驚かせるのが好きなようだ。 】 【ハイゼット トラック DJ Ver. 対するハスラーもまもなくフルモデルチェンジ。 日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバーであり、開放感あふれるガラスルーフや、フラットで使い勝手の良い荷室空間といった、毎日を楽しくしてくれるアイテムを多く採用している。

Next

ダイハツ、軽クロスオーバー『タフト・コンセプト』世界初出展へ…東京オートサロン2020

ダイハツ「コペンGR SPORT カスタマイズVer. ダイハツはこのほかにも、コンパクトSUV「ロッキー」や軽オープンスポーツカー「コペンGRスポーツ」、軽トールワゴン「タント」などをベースとしたコンセプトカーを出展。 新型タフト 先進技術「スマートアシストプラス」 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)先行車の車速や距離をステレオカメラが検知し、車間距離や車速を維持、先行車に追従し停車 まで制御。 また、もっとも目に付くバンパーは、両サイドから挟み込むようにして、タイヤを強調しました。 これによって、一般的な軽自動車とは異なる左右席のセパレート感や包まれ感がもたらす運転のしやすさと、センターコンソールの大型トレーに小物を置ける利便性を手に入れている。 昨年、GRブランドから発売されたことで話題となった「コペンGR SPORT」に、ダイハツのチューニングブランドである「D-SPORT」のパーツが装着されたモデルだ。 インパネはまるで定規で線を引いたかのようなスクエア基調でまとめられています。

Next

ダイハツTAFT(タフト)コンセプトを初披露!遊びに仕事にいい軽SUV

フロントフェイスは、スロットグリルを採用するなどでSUVらしさを強調。 後席空間もゆったりとしており、大人4名が乗車するのに十分なスペースが確保されていますので、ファミリーで出かけることを想定されている方もご心配なく。 更に車線内に戻すようステアリン グ操作をアシスト。 ポップアップして開くことはできないものの、乗員の開放感は高まるはずだ インテリアでは、天井の「ガラスルーフ」を特徴のひとつとしてあげ、「このガラスルーフは、実際には開閉しませんが開放感はすごいと思います。 (長野達郎) 【関連記事】 ダイハツの新型軽SUV「TAFT(タフト)コンセプト」は、スズキ・ハスラーよりも低さと四角さが際立つ!【東京オートサロン2020】) by カテゴリー : , , タグ : , , , ,. 東京オートサロン 2020に世界初出展となる軽クロスオーバーコンセプトモデル「TAFT(タフト)コンセプト」 ダイハツ工業は、2020年1月10日~1月12日に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン 2020」の出展概要を発表。

Next

ダイハツの新クロスオーバー「TAFT(タフト)コンセプト」オートサロン2020で世界初出展(carview!)

ハイトワゴンは左右ウォークスルー性を考えてインパネ中央下部の空間を広くするのが常識だが、タフトは逆に大きく張り出して存在感のあるセンターコンソールを設置している。 最新の軽自動車ですから、ユーティリティ面の充実ぶりも見逃せません。 最後にTAFTコンセプトに乗って遊びに行くならどこがいい?と質問をしてみました。 ブラックです。 タフトコンセプトのバンパー下部中央には、プロテクター調のデザインが施されます。 低く抑えられたボンネットに注目です。 ワイルドな印象を強調する。

Next

市販化に期待大! ダイハツTAFT(タフト)コンセプトは軽SUVの大本命かも【東京オートサロン2020】軽自動車クロスオーバー|MotorFan[モーターファン]

写真を見てピンときた方も多いだろう。 」 ボルダリングのホールドが施され、アウトドア志向を高めた「ハイゼットトラック PEAKS Ver. とにかくトークが楽しい。 また同年2月14日(金)から2月16(日)までインテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)で開催される「大阪オートメッセ2020」にも、同様に出展を行う。 TAFT コンセプト(フロント) TAFT コンセプト(ガラスルーフ) ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、2020年1月10日(金)から1月12日(日)まで、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン2020」に、軽クロスオーバーのコンセプトモデル「TAFT(タフト)コンセプト」をはじめ、既存の軽自動車、小型乗用車をベースとした、個性あふれるカスタマイズカーを出展する。 。 コンセプトと名はついているが、実質的に市販を目前に控えた新型車のお披露目だ。 そのほかにはこんなコンセプトカーも出展予定 そのほかに展示されるクルマとしては「タント クロスフィールドVer. 」となっています。

Next

ライバルとは異なる「ダイハツらしさを」新型SUV「タフトコンセプト」デザイナーインタビュー

まず象徴的なのは、フロントシートが軽ハイトワゴンでは一般的なベンチタイプ(左右一体となった形状)ではなく、左右が独立したセパレート式になっていること。 神田藍香さん しっとりとした雰囲気の方かな? とイメージして話しかけたら、予想は見事に裏切られました。 窪みに取り付けられたワイパー。 ハイビームアシスト ステレオカメラが対向車のヘッドランプなどの明るさを検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えます。 ダイハツが東京オートサロン2020に出展した「TAFTコンセプト」 日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバーで、開放感あふれるガラスルーフや、フラットで使い勝手の良い荷室空間など、毎日を楽しくするアイテムを多く採用しています。 ルーフはガラス張り しかし、そのインテリアはガラスルーフのおかげで軽ハイトワゴンのお株を奪うほどの開放感が感じられる。

Next

ダイハツ、軽クロスオーバー『タフト・コンセプト』世界初出展へ…東京オートサロン2020

そのワクワク感は、アクティブな藍香さんのイメージにもぴったりです。 ロッキーをスポーティーなエクステリアに仕上げた「ロッキー Sporty Style」 精悍なブラックフェイスが特徴的な「タントカスタム Premium Ver. 運転席はこんな感じ! 元気なオレンジでアクセントを効かせたインテリアや、フラットにできる後席など、あちこちに楽しい仕掛け満載のコンセプトカーです。 また、ダイハツの社名の由来でもある「発」動機にちなんで、エンジン組み立てチャレンジと題したコンテンツも用意。 車高はリフトアップされてスキッドガードにLEDライトバーが装着され、側面にはボルダリングウォールが取り付けられています。 タフトの内装でユニークなのは、前席と後席の雰囲気が異なっていること。 新型「タフトコンセプト」のフロントシートとリアシートは、それぞれカラーやデザインなどが異なっているのが特徴的だ リアシートを倒すとフラットになり、ラゲッジルームの床面は樹脂製になっているので、汚れた荷物などを積んでもすぐに拭き取ることができる。

Next

ダイハツ、軽クロスオーバー『タフト・コンセプト』世界初出展へ…東京オートサロン2020

ラゲッジ床面のデッキボードなどの素材を樹脂製を使用しているので雪や泥で汚れた荷物も気兼ねなく載せることが可能だ。 ダイハツ「タフト(TAFT)コンセプト」にはパノラマガラスルーフが採用されている 軽自動車では珍しいパノラマガラスルーフが採用されるのは、ライバルにはないアドバンテージだ。 聞くところによると、タフトの発売は年央とのこと。 下部までつなげるのではなく、途中でカットしているため、タイヤのトレッド面が見えているのがわかります。 参考画像(1) 参考画像(2) 添付リリース. まず象徴的なのは、フロントシートが軽ハイトワゴンでは一般的なベンチタイプ(左右一体となった形状)ではなく、左右が独立したセパレート式になっていること。

Next