吉野 石膏 s ウォール。 吉野石膏コレクションのすべて

Sウォール

233• 熱や湿気に強い。 そうした手間とか工程などを考えると、床がある側だけボードを貼ることで終わらせたい、と思ってしまいます。 その500号通知には施工条件として、 「施工管理体制が整備されている場合に限る」と明 記されております。 エレベーターシャフト、階段室、ダクトスペース、パイプスペースなどにも最適。 そうした場所に採用が検討されることが多い耐火壁がこちら。 そうすると、何もしないLGS壁に比べると、グラスウールが音を吸収してくれるので、音が伝わりにくい壁になります。

Next

片面施工の耐火壁 耐火Sウォール 吉野石膏

耐火性能が必要なLGS壁に比べると、遮音性能をもったLGS壁の方が色々なバリエーションが用意されていて、遮音のグレードによって選択肢は結構あります。 [平成26年7月版] 吉野耐火システム Sウォール 標準施工指導書 T-006-4 1-2 周知徹底 吉野耐火システムSウォールの施工に際しては、この標準施工指導書にて事前に説明会、その他の方法で、作業員 全員に周知徹底を図る。 厳密に遮音性能を指定しない場合でも、例えばトイレと廊下の壁などの「音を伝えたくない壁」には、LGSの中にグラスウールを充填したりします。 9 当壁構造にドアを取り付ける場合は、開口部補強材を独立して、床、スラブ下、梁などの躯体に直接固 定用ピンまたは溶接などにより固定する。 これがまずは大前提としてあるので、階高にもよりますがLGSのサイズは100形などが必要になる場合も結構あるはずです。 これは耐火性能の場合とほぼ同じ理由で、天井下で壁を止めてしまったら天井裏から音が伝わってしまうので、上階床コンクリートまでとします。

Next

公表価格.com

(11)亜鉛めっき鋼板等は、スタッドと下張り材、下張り材と上張り材または上張り材と増し張り材との間な どには取り付けない。 柱、梁、などの躯体の変形 (床スラブのクリープ含む)は一様ではなく、地震の大きさや建物の構造、またはその他の要因により 大きく異なりますので、変形が予想される場合には別途、納まりをご検討ください。 5㎜以上 壁高さとスタッドの選定例(JIS A 6517のスタッドと振れ止めを使用した場合) 壁高さ2. 5-2-6 上張りTBZの張り付け 1 TBZは、縦張りまたは横張りとし、下張りのTBZと目地が重ならないように割り付ける。 ロックウールを充てんする際、落下しないよう必要に応じ、12. 238• 欠点として考えられるのは、シャフト側に石膏ボードがない状態のLGS壁なので、遮音などの性能を持たせることが難しいということ。 [平成26年7月版] 吉野耐火システム Sウォール 標準施工指導書 T-006-14 5-2-8 増張り材の張り付け(増張り仕様に限る) 1 増張り材の目地が上張りTBZの目地と重ならないように割り付ける。 美しい鏡面仕上の表面からは考えられない硬度と強度、耐熱性、耐久性に優れた不燃化粧材です。

Next

石膏ボードの納まりと開口

品名 規格 単位 公表価格 1時間耐火 TLD-56 最小壁厚136mm m2 15,000 1時間耐火 TLD-57 最小壁厚137mm m2 18,000 無機系 せっこう セルフレベリング床下地 塗厚10. こうしたLGSの配置を「千鳥」と呼び、先ほども書きましたが、ある程度の遮音性能が必要な壁であれば千鳥でLGS下地を組んでいく場合が多いです。 また、ボード張 り付けがエレベーターシャフトの外側と内側によっても工程が異なりますのでご参照ください。 8㎜ 壁高さ4. 天井までで止めてしまった場合には、火事が発生した際に炎が天井裏を抜けてまわっていってしまうので、耐火性能もなにもありませんよね。 これは私の今までの経験上、結構採用される確率が高いLGS壁で、きっと建築の仕事をしていればお目にかかることがあるはずです。 LGSが少しずれて配置されているのが分かるでしょうか。

Next

新着情報

5㎜厚せっこうボードを張る。 3 傾斜面、墨出し部には置かない。 接 着材およびステープルの間隔は、200㎜以内で1箇所あたり1本以上とする。 前回はLGS壁が持っている耐火性能について注目して、実際の製品としてどのようなものがあるのか、一例を紹介してみました。 上階から漏水の恐れがある場合は、あらかじめシートなどで養生する。

Next

片面からの施工のみで設置可能な耐火間仕切壁|Sウォール、STウォール

片側しか石膏ボードを貼っていない状態ですから、石膏ボードがない側からすぐにグラスウールが落下してしまうんです。 2 ステープルの留め付け部は、ジョイントコンパウンド(パテ) 「タイガーUライト」 、 「タイガーFライト」 、 「タイガーSPライト」 、 「タイガーライト」 、 「タイガーVシールパテ」 、 「タイガーGLパテ」 、 「タイガ ーUPパテ」 、 「タイガーFトップパテ」 、 「タイガーSPパテ」 、 「タイガーパテ」 、 「タイガージョイント セメント」を用いて仕上げる。 目透かしとする場合は、 目透かし幅が6mm 以内とする。 特にTBZを張る側からしか施工できない場合は、 下張りTBZを張る前に、あらかじめ12. 衛生的で安心 抗菌。 この標準施工指導書に明記さ れていない事項、または疑義が生じた場合は、吉野石膏(株)と協議し、施工方法を検討する。

Next

片側から施工するメリット

3-3 揚重 各階への揚重は、現場設置のリフトなどで行い、現場の揚重基準に従う。 耐火被覆される鉄骨梁に上部ランナーを取り付ける場合は、耐火被覆工事に先立ってランナー受けピー ス材を溶接などにより固定し、上部ランナーを取り付け、鉄骨の耐火被覆を施工する。 221• 図面名 コンクリートスラブ、床との納まり [平成26年7月版] 吉野耐火システム Sウォール 標準施工指導書 T-006-23 標準水平断面図 標準仕様 上張り 21mm TBZ 目地処理材 65 107 21 21 下張り 21mm TBZ スタッド(65形) 455 耐火認定上のスタッド間隔は 606mm 以内 標準のスタッド間隔は 455mm とする。 壁板、壁紙の焦げ事故の防止に。 詳しくは施工ガイドを確認ください。 レビュー: 3 【特長】セラールは、メラミン樹脂含侵の化粧層と特殊不燃コアを高温・高圧でプレス成形。 LGSに対して片側に石膏ボードを貼れば耐火壁として成立し、反対側には何も貼らなくてOKという優秀な性能を持っています。

Next

片面施工の耐火壁 耐火Sウォール 吉野石膏

床部に「タイガーロックフェルト」を使用しなかった場合は、TBZと床スラブの間に5㎜程度の目透か しを設けて留め付ける。 Pタイル、塩ビ製の幅木の保護に。 まずは最も標準的なLGS下地+石膏ボードの納まりから考えてみると、LGSの高さにもよりますが、とりあえずLGSは90形と仮定するとこのような感じになります。 5㎜以内 目 地 目透かし幅 スケール等 6. 《タイガーボード類の注意》 *指定の用途以外にご使用の場合は性能を保証いたしかねます。 石膏ボードは一般的な厚みである12.5mmを2枚張っている状態で、特殊な性能が必要ない場合はこの壁仕様で充分ということになるはずです。

Next