相続 相談 かい oag 税理士 法人。 OAG税理士法人

【弁護士vs税理士】 相続の相談先はどこの誰に?無料はやめな

さらに、資格を持っていない業者などが専門家を紹介するとして、あいだに入ってきたら費用はさらに膨れ上がります。 KASUYA税理士法人では45年以上にわたり多くの経営者のサポートを行っており、 現在でも法人・個人合わせて年間500件以上のご相談・ご依頼を受けております。 事務所にはいつでも無料相談できる税理士が待機していますし、税理相談が初めての方でも安心して話ができるように親身に耳を傾けてくれると評判です。 強みのサービス:巡回監査、経営支援• OAG税理士法人 東京ウエストは「不動産税務専門会計事務所」として、地域に密着したきめ細かいサービス提供を目的に開設しました。 当該義援金は個人住民税の寄附金税額控除の対象となり、原則としてふるさと納税に該当しますが、ワンストップ特例制度の適用はできませんのでご注意下さい。

Next

会社概要|OAG税理士法人 東京ウエスト

また、相続税に関しては土日祝日も対応するとのことで、平日はどうしても都合がつかない場合は事前相談が可能です。 今後も世の中から求められることがあれば、どんどんと対応していく。 会社を活用した資産承継では、株主分散の防止策としての持株会社の活用、会社分割を活用した遺産分割対策、資産管理会社を活用した納税資金対策、議決権分離型信託や不動産管理信託などの民事信託を活用したコンサルティングを提案する。 奥田: 色々な情報が氾濫していますが、その中で必要な情報を取り出して、実務に生かすことが重要だと思います。 幅広い税務業務に対応• 主な業務内容は、人事・労務・法務の諸手続きや相続・遺産分割に関する相談・申告などのサポート、各種契約書作成に会計・経営・保険等のコンサルティング業務です。 また、税理士に依頼するとそのまま他の 専門家と連携して最後まで担当してくれることが望ましいです。

Next

日本最大級の相続税申告実績!相続総合コンサルティング【税理士法人レガシィ】

2-1. 注意点としては「相談件数」では判断しない方が良いです。 緻密で大変な作業を短期間で仕上げて頂き、有り難う御座いました。 各専門家との連携を図ることで会計事務所の総合デパートを目指し、最先端のノウハウをもって厳しい経営環境に苦難する企業をサポートしています。 控除や特例も適切に利用し、 できる限り相続税額を抑える申告を目指しています。 弁護士については、いわゆる「争族」といった相続人間の争いごとに発展してしまっているケースや、争いごとになる可能性が高いケースの場合、相談や依頼を検討するとよいでしょう。

Next

OAG税理士法人 <東京ウエスト支店>

税理士報酬の高い・安いではなく「税理士報酬」+「相続税納税額」のトータル費用で検討し、最終的に手元にいくら残りそうか確認しましょう。 創業、会社設立、資金調達、事業継承など経営に関するさまざまな業務に豊富な経験があります。 2-4. スペシャリストは経験値の豊富さが最大の武器となりますからね。 実効税率には、実際の取得割合が大きく影響しています。 なぜなら、相続の対象となるものは毎回バラバラのため、土地の評価や預貯金の調査の仕方は人によって異なりますし、多くの特例にも気付くかどうかがポイントとなるためです。 では、実際にどうしたらよいのでしょうか? 実は、学校のように誰かが教えてくれるはずもないため、本来ならば自分で調べて意思決定していかなければなりません。 非弁行為になっちゃいますからね。

Next

【弁護士vs税理士】 相続の相談先はどこの誰に?無料はやめな

・漏れが無いよう、お役立てください。 ) (2)預金通帳 (3)証券会社の取引報告書 (4)借入のあるときは、返済予定表 (5)確定申告書 上記5つを準備して無料相談に望むことが最適ですが、全ての把握が難しい場合は可能なものだけでも準備しましょう。 この本命商品のことをバックエンド商品といいます。 修正申告があれば、それに修正申告作成料が加わります。 報酬額の金額ではなく「相続税額+報酬額」で考えよう。 昔は知り合いのツテや、近所にある会計事務所の看板を見つけて訪ねてみるなどの方法でしか税理士を選べませんでした。

Next

KASUYA税理士法人

税務処理に関して長年にわたる豊富な経験をもとに、人と人のつながりを大切にしながら活動を続けています。 実際には30分の中で、多くのことを相談することは難しいです。 しかし、贈与と相続ではどちらが得だろう?となかなか判断が難しい場合があります。 相続の問題、個人経営者の方から法人様の税に関すること、起業したばかりで何もわからないといった方まで、 皆様一人ひとりが抱える課題に幅広く対応いたします。 また 注意すべきは、ホームページ等に記載のある報酬料です。 平山税理士事務所ではそういった課題を解消し、二人三脚で会計・財務の課題をサポートしてくれる体制が整っています。

Next