Diskinfo 使い方。 「DiskInfo」でHDD内の不要ファイルを簡単整理!DiskInfoの使い方・見方をご紹介

CrystalDiskInfoの見方!HDD/SSDの健康状態を確認する方法を解説!

2020年9月17日 jvn jvn. 一覧を見ると分かりますが、現在値・最悪値・しきい値・生の値とあります。 ここさえ押さえれば大丈夫なので解説致します。 容量を占有しているファイルがあって不要なら削除する 注意点 いくら、サイズが大きくてディスク容量を使っていても、消してはいけないファイルというものがあります。 「異常」の健康状態表示は、不良セクタに関するものとは限りません。 自分で見る項目は使用時間、温度、電源導入回数だけでも十分でしょう。

Next

ディスクの健康状態を診断する「CrystalDiskInfo」を使ってみた

[05] 代替処理済みのセクタ数• でも新品パソコン高いし!という人は、例えば家のネット回線が契約して時間が経っているなら、家電量販店でプロバイダを変えて新規契約し、その際にもらえる特典(一般的に~万円キャッシュバック。 「CrystalDiskInfo」に表示される「S. この部分の表示でドライブを選択します。 ここさえ押さえれば大丈夫なので解説致します。 「ファイル」を押下。 バージョンアップしない場合は[Cancel]をクリックします FileManyの使い方 重複ファイルの検索• 指定フォルダー内でのファイル・子フォルダーの占有率を棒グラフで表示するソフト。 要するに、まもなく破損すると思われる領域の数 ここも増えれば 05-代替処理済セクタ数 と合わせてオーバーフローとなりアウトです。 うちの親なんか、Windows Vistaのノートパソコンをマザーボード不良で修理に出し、5万円修理代がかかったのに、その後また調子悪いと言っています。

Next

DiskInfo の評価・使い方

最後に HDDは消耗品なので、急に動かなくなりデータが消える可能性もあります。 ここまでの以下のような手順を繰り返し不要なファイルを見つけ、どんどん削除してきます。 すると、やたら容量の多いファイルが多数見つかりました。 そこで役立つのが「DiskInfo」というフリーソフト。 「はい」をクリックします。 一覧を見ると分かりますが、現在値・最悪値・しきい値・生の値とあります。

Next

Crystal DiscInfo

T」という各種統計情報項目に関しては、お使いのパソコンで使用するハードディスクごとに多岐にわたる項目があります。 2020年9月17日 jvn jvn. 通知の設定をあらかじめしておけば、健康状態が変わった時にメールを送信してくれる機能も便利。 少しでも『異常』があった場合は、即、データを移管させた方が得策です。 当方の場合は、あくまでも「リアルタイム」の「モニタリングツール」として利用しています。 しかし、通常使用するにあたり、内部でひっそりと動く部品だけに、大半の人が日頃その重要性をあまり意識して使わないのも事実であります。 事前に必ずネットで調べるようにしましょう。

Next

大きなフォルダやディスク容量の空き、使用量を調べるフリーソフトDiskInfoの使い方

というのも、これは 温度計ではないからです。 代替処理保留中のセクタ数• ちなみに、 「残り寿命」は、ID「AD」の「平均ブロック消去回数」と相関があります。 つまり「デバイスごとの温度を常時表示」する設定です。 「y」フォルダを開くと、今度は、「デスクトップ」と「ドキュメント」フォルダが、容量を占有していることがわかります。 だからこそ「モニタリング」は重要であり、タコメーター、油温、油圧、水温のモニタリングは欠かせません。

Next

大きなフォルダやディスク容量の空き、使用量を調べるフリーソフトDiskInfoの使い方

最後に 『CrystalDiskInfo』はあくまでも『S. ファイル名を見ることで一目瞭然。 現在値・・・数値が小さくなるほど状態が悪くなる。 sys:Windowsが休止状態に移る際に、必要なデータを一時保存しておくためのファイル こういったものは、システムファイルと呼ばれ、デフォルトのWindows設定では、エクスプローラーでは表示されませんがDiskInfoなら表示されます。 やっぱり、空き容量分けるには、「不要なサイズの大きいファイルをどんどん削除していく」のが一番ではないかと思います。 どんな道具も使い手(使い方)次第です。 しかし、大半の人が日頃その重要性をあまり意識しながら使っていないのも事実です。

Next

CrystalDiskinfoで注意と出た!HDDが危険?健康状態は?

でも、常駐させて使うならインストーラー版のほうがいいでしょうし、 そのへんは用途に合わせて選んでください。 解析したいドライブを選択。 T スマート と呼ばれる情報として自動保存しています。 「CrystalDiskInfo」の入手 本題ではないので、ここはサラッと。 次に 次へという項目をクリックしてください。 回復不可能セクタ数 現在値が、しきい値に近づいたり下回ったりした場合は注意が必要だと思います。 業務上、明らかに不要なファイル形式のデータについては、サーバー側の機能で保存できなくしてしまうのも手です。

Next