ロータス エキシージ スポーツ 410。 Exige Sport 410

【祝】ロータス・エキシージ、20周年 スポーツ410 20thアニバーサリー登場(AUTOCAR JAPAN)

さらに軽量鍛造ホイール、ナイトロン(Nitron)の3wayアジャスタブル・ダンパーを装備している。 エキシージ スポーツ 410のパフォーマンスオプションには、チタン製フル・エキゾースト・システム、(リアアクスル後方の重量10kg削減)、光沢を放つ織目模様のカーボンファイバー製コンポーネント(ビナクルトップ、シルカバー、バージボード、ハードトップなど)が含まれています。 スポーツカーは適当に運転するものではない、真剣に操縦してこそ歓びが得られる。 アクセルを踏むほどに、背後からスーパーチャージャーのギア・ノイズが泣き叫ぶ。 どうです、やっぱロータスってスゴイでしょ! 森口将之の意見! 21世紀のおもてなしはナシ いまどき416㎰はさして珍しくないが、車重はたった1110㎏しかない。 フロントスプリッターは車体下のエアフローを最適化し、フロントクラムパネルに追加されたエアカーテンは空気をフロントホイール開口部へと効率良く送り、ホイールが生み出すタービュランスを低減します。

Next

【祝】ロータス・エキシージ、20周年 スポーツ410 20thアニバーサリー登場(AUTOCAR JAPAN)

流れるようなフォルムはスポーツカーというよりスーパーカー的で、個人的にはかつてのエスプリを思い出しました。 5リッターV6スーパーチャージャーエンジンを搭載しています。 乾燥重量はわずかに1054kgであり、エキゾーストシステムをチタン化することで、さらに重さをそぎ落とすこともできる。 昨今のスポーツカーは20世紀の終わり頃と比べて性能も信頼性もはるかに高まっており、ツルシの状態でサーキットを連続周回できるクルマも増えている。 これらメカニカルグリップとエアロダイナミクスがかなえる走行安定性は、洗練されたエンジンの出力特性と素晴らしいマッチングをみせた。 高平高輝の意見! 素足の爽快感 まるでフォーミュラ・カーのような丸く小さなステアリング・ホイールには今もパワーアシストは付かない。

Next

ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 究極の趣味人にささぐ

クアンタムフロント10キロ、リア14キロですが、車高調の性能のよさもあって、決して乗りごごちは悪くありません。 5LのV6スーパーチャージャーを搭載したエンジンは、最高出力416馬力(7000回転)と、最大トルク410N・m(2500~7000回転)をたたき出します! でも注目すべきは、最低乾燥重量が1054kgという驚異の軽量スペックを誇ります。 エキシージ・スポーツ410 20thアニバーサリーの英国向け価格は7万9900ポンド(1066万円)からという設定。 ETC2. 空力も大幅に見直されている。 アルミホイール• ちなみに、新型エキシージスポーツ410には、クーペとロードスターが用意されていますが、その違いは、ロードスターはルーフ部分がオープンになっていて、7kgほど車重が軽くなっています。 8リッター4気筒252psに対して、3. タイヤは ミシュランPilot Sport Cup 2を装着。 2人乗りのコンパクトさと、MR(ミッドシップ後輪駆動)というバランスを備えた、スーパーチャージャーによるハイパワーエンジンを搭載した新型エキシージスポーツ410は、究極の1台に仕上がっています。

Next

エキシージ スポーツ410(ロータス)の中古車

「史上最も評価の高いスポーツカーのひとつであるエキシージの特別仕様車は、サーキットのために生まれ、公道のために育まれるというロータスの理念を受け継いでいる」 2000年に発売された初代のエキシージ シリーズ1を彷彿とさせるボディカラーをはじめ、ボディカラー同色のルーフ、リアウイング、サイドエアインテークなどを採用しています。 5 リッターV6 スーパーチャージャーエンジンを採用。 いや、ポルシェ乗りに限定するまでもなく、ロータスという車が異質な車なのです。 DVD再生 AV機器• 一方、インテリアも同様にアルカンターラのカラーバリエーションが3種類設定されています。 極めてシンプルな内装のクルマにかなり高額なプライスタグを付けているのだから、その価値を知らない人が見たら驚くだろう。 例えば今回ステアリングを握ったエキシージ・スポーツ410は1400万円オーバーの値札がつく。

Next

【試乗記】ロータス・エキシージ・スポーツ410に高平高樹らが試乗! 「メチャクチャ楽しい」

重量は1,055キロにまで落とされ、これによってパワーウエイトレシオは2. 英国のスポーツカーメーカーのロータスカーズは、『エキシージ・スポーツ410』を発表した。 でもね、実際には、この文章を読んだ皆さんが想像するレベルの、もう1段階上のパワーが本当は出ています。 まだまだ乗り始めたばかりで、MRの魅力のほんの浅いところに触れただけですが、これから乗りこなしていくのが楽しみです。 オットマン• 納車は11月より開始予定。 HDDナビ• 【走行性能】 悪いわけない。 実用性には乏しくても、あるいは経営的には危なっかしくても、いやだからこそライトウェイト・スポーツカーの教義に忠実なロータスを応援したいと思うファンは少なくない。

Next

LOTUS EXIGE SPORT 410 登場!

車名の由来のぶ厚いトルクを6段MTでもって引き出し、1110㎏と依然絶対的には軽くてちっちゃなボディを山道で走らせるときの痛快さときたら、パンツを履いたままでできる、一番オモシロイことであるに違いない。 2000年誕生 シリーズ1をオマージュ 英ロータス・カーズは、高性能スポーツカー「エキシージ」の20周年を記念して、特別限定モデルを発表した。 パワーステアリング• サスペンションのジョイントはピロボールで、ブッシュを介さないダイレクトな操縦性を持っている。 しなやかな乗り心地を実現しながらもスタビリティーが高いのは、同時に前後のスタビライザー(調整式)が、ハイレートな仕様となったからだろう。 コクピットも、アルミ感むき出しのMTシフトノブや、フルバケットシートで、徹底した軽さを求めたシンプルでスパルタンな感じと、運転している背中のすぐ後方にあるエンジンの息吹を感じながらの街乗りが楽しめます。 これには、サスペンションシステムが公道向けにチューニングされたナイトロン製3WAYダンパーに変更された効果が大きい。 もちろん、記念ロゴも随所に配置されています。

Next

【祝】ロータス・エキシージ、20周年 スポーツ410 20thアニバーサリー登場(AUTOCAR JAPAN)

おっさんとなり、目もついていきませんから(笑)これくらいで十分です。 これには、オリジナル・エキシージのシルエットが描かれている。 山形県 0件• lotus-yokohama. レトロなボディカラー、20周年記念ロゴ、そして多数のボディパーツが用意されています。 スポーツカーとして他に類を見ないEXIGE レンジ。 8:1 10. サイドカメラ• lotus-yokohama. 走り出せばステアリングは軽いけれど、ただ切っただけでは思いどおりには曲がらない。

Next