イースト 21 クリニック。 ドクター・スタッフ紹介

岡 史篤 理事長の独自取材記事(東京イースト21クリニック)|ドクターズ・ファイル

開業当時は私の父が院長としてスタートし、私は副院長という役割でした。 精液検査• AGA治療のために通院を始めたきっかけは、加齢によるものかストレスによるものなかわかりませんが、あるとき急に薄毛を感じるようになりました。 外来では内科を中心に、他科も。 患者さんと接する時に心がけていることは何ですか? 患者さんと向き合い、良好な関係づくりをして、しっかりとコミュニケーションを取ることが基本ですね。 ウイルス検査• 喀痰(かくたん)検査 アクセス情報 交通手段•。

Next

イースト駅前クリニックの口コミ・評判 | みん評

1992年の9月に開業し、2013年からは現在の岡史篤(おか・ふみあつ)理事長が2代目として院長を引き継いだ、地域に根差したクリニックだ。 2 検診部門希望の場合、PC入力が迅速且つ正確にできる方・エクセルが得意で全てできる方。 定期的に通院は必要でしたが、頻度も相談できましたし、何よりお薬での治療がメインだったので仕事をしながら通院を継続することができたのがとても良かったです。 性格的にやらないと気が済まないのと、間違えや見落としは絶対にあってはならないので、そういう責任も院長として持っています。 染色体検査• 腹部超音波検査• 又、健康管理プラザを併設しているため、種健康診断や人間ドックを受けていただく事が可能です。

Next

病院・医院検索

骨密度検査• 終夜睡眠ポリグラフ検査 PSG• これからも患者さんに信頼される医院でありたいと思いますので、初めての方でもどんな小さなことでも、健康の悩みがあれば気軽に相談してください。 今回は、そんな岡院長に「地域のかかりつけ医として、どんな人でも受け入れる」ことを掲げる同院の治療方針について話を聞いた。 頼ってきた患者は責任を持って最後まで守る 僕を信頼して来院してくれる人は、責任を持って最後まで守ってあげたいということは常々思っています。 掲載している求人は、医療法人社団真應会 東京イースト21クリニックから寄せられた正規の求人情報です。 レントゲン検査• 私の場合は、患者さんが自分で「治療に取り組まないといけないな」と考え、治療に前向きに取り組んでもらえるような、雰囲気づくりができるように心がけています。 造影検査• 患者さんに言っていることの真逆をやっていて、自分が患者として来たら「もうちょっと体のことを考えなさい」と言いたくなってしまいます。

Next

イースト21デンタルオフィス

子宮頸がん検診• 尿検査• さまざまな学会・勉強会などに参加し常に現状に甘んずる事のないよう精進致しております。 お待ちしております! 今回の応募は健康プラザ開設による、増員の意味での募集なのでクリニックでも新しく入職される方が多いです。 皆様の御利用を職員一同心からお待ち申し上げております。 自分以外の先生を信用してないわけではないんですが、来院した患者さんのカルテや検査結果は自分でも必ず見るようにしています。 ほぼすべての医療介護職を取り扱っており、医療法人社団真應会 東京イースト21クリニックの求人を含む、全国288892件の事業所の正社員、アルバイト・パート募集情報を掲載しています(2020年6月30日現在)。

Next

美肌に効果のあるビタミンCやクエン酸、酸蝕歯にとっては天敵かも…

患者さんにも「お大事に」「頑張り過ぎないでください」と言われてしまいます。 クレジットカード対応• 父とは「予防医学にも力を入れてやっていこう」という話はしていたので、こちらのテナントが空いたタイミングで拡張を決めました。 優しい男性活躍中です。 東陽町駅から徒歩8分ほど、江東区役所やオフィスビルが集まる地域の中心地からすぐの、大規模な複合ビルの中に位置する「東京イースト21クリニック」は1992年に開業し、2013年からは岡史篤(おか・ふみあつ)先生が2代目院長を継承。 ホルター心電図検査• 調節近点検査• 地域に根差した診療を行っている。

Next

医療法人社団真應会 東京イースト21クリニック(医療事務スタッフ)の転職・正社員求人(Rec002896340)

まずここで診察して、それから必要に応じて「どこに行ったほうがいいよ」「こちらで診ましょう」と選別するのが私たちの役割ですね。 東京メトロ東西線 東陽町駅• 普段、健康のために気をつけていることがあれば教えてください。 また、 医療で大切な事は、心のこもった診療と考えております。 html? 来院していただいた患者様の心を満たせるようよくコミニュケーションをとり、その方にとっての一番いいと思われる治療方法を相談し治療にあたらせていただきます。 先ほどもお話ししましたが、当院は頼ってきた患者さんは最後まで責任を持って診ていきたいと思っています。 「信頼してくれる患者さんは全員、責任を持って守りたい」と話す岡院長は、診療、健診両方の患者のすべてのカルテや検査結果に目を通すことを日課としている。

Next