昭和 16 年 の 敗戦。 太平洋戦争の年表

ノンフィクション「昭和16年夏の敗戦」感想

日本軍、フィリピンに上陸。 意外裡なことが勝利につながっていく。 ではこのシミュレーションは 誰によってなされたのか。 内容紹介 各界の著名人が絶賛!日本的組織の構造的欠陥に迫る、全国民必読の書〈広く読まれるべき本。 これも総力戦と言うまでに はいかず、 日本国民は通常通りの生活 を送っていたようで、 「今中国大陸で戦争をしているんだな」 くらいの感覚でいたそうです。 読んで良かったこと• 平均年齢33歳という若さでした。

Next

昭和16年夏の敗戦

東インドの降伏。 「先の大戦では、旧日本軍の希望的観測、こうあってほしいという願望により、国民に300万人もの犠牲者が出ました。 平成30年の間、失われた時代は日本の閉塞を表している。 連合国の許可を得て皇族を・・・・に派遣し、勅旨を伝える。 この机上演習の研究結果と講評は・両日に首相官邸で開催された『第一回総力戦机上演習総合研究会』において時の首相や以下、政府・統帥部関係者の前で報告された。 旧ソ連から政権を受け継いだロシア連邦共和国議会が、9月2日を「第二次世界大戦が終結した日」と制定する法案を可決した。

Next

昭和16年 夏の敗戦 猪瀬直樹 〜意思決定をしないことの恐ろしさ〜|舟橋和毅|note

[ ] 2000年5月10日• 和雑誌• イギリス海軍、スマトラの製油施設を空襲()。 東條はまた、研究所にもたびたび足を運び、シミュレーションの現場も何度か視察するほど、この若い研究生たちの議論に格別の関心を持っていた一人です。 模擬内閣となった研究生たちは7月から8月にかけて研究所側から出される想定情況と課題に応じて軍事・外交・経済の各局面での具体的な事項(兵器増産の見通しや食糧・燃料のや運送経路、同盟国との連携など)について各種データを基に分析し、日米戦争の展開を研究予測した。 彼らの正確なシミュレーションは当時の内閣に提示されるにいたるが、その提案が受け入れられることはなかった。 1945年8月15日、は及びに対して「別に命令するまで各々の現任務を続行すべし」と命令し、8月16日に自衛の為の戦闘行動以外の戦闘行動を停止するように命令した。 3月 米、中国に5億ドル借款成立。

Next

昭和16年夏の敗戦 (文春文庫)

と では、旧ソ連と同じく、9月3日を「軍人節」や「抗日戦争勝利の日」としている。 ドイツ総統自殺。 上記のような事前リサーチが行われ結果が出ていたにも関わらず、それを上層部が直視せず、ある意味決定事項として開戦に至ってしまった・・という流れは大企業に働いている当方にはとても耳が痛い話。 米機動部隊、来襲。 2002年、小泉首相より道路公団民営化委員に任命される。 ソ連軍、千島列島の・を占領。

Next

『昭和16年夏の敗戦』 日米開戦という意思決定とその失敗の本質

それにやるならなぜ空母を徹底破壊するところまでやらなかったのか、おかげでミッドウェーでわが軍が返り討ちあってしまったではないか・・・。 (お初盆ご挨拶など ) そんな石破氏は、このエントリーに氏の『昭和16年夏の敗戦』を読んだとも書いている。 ただ、詳細すぎるがゆえに少し読みにくいきらいもあるため、初めて読む人は本書のダイジェスト版である もおすすめです。 戦争開始前から、日本がアメリカに破れるという結論が出ていたことに、まず驚かされる。 総務長官 - 成田乾一(済南特務機関、のち社長)• この対立構図はそのまま実際の政府対統帥部の複写のようだ。

Next

昭和16年 夏の敗戦 猪瀬直樹 〜意思決定をしないことの恐ろしさ〜|舟橋和毅|note

石油、造船などの消費と生産のシミュレーションはいずれも日本がじり貧になることを示していたようだ。 樺太でが起こる。 フィリピン・の日本軍部隊、停戦命令を受領。 深夜-15日未明。 東條は開戦を避けるべく天皇の意図を感じていたようだが。 はとして、そしての意思を受け、開戦を止めようとするのだが、「国務(政府)」という機能しか担わないため、、などの過去のしがらみに縛られる「統帥()」を押さえることができない。

Next

昭和16年夏の敗戦

このため、現在、では6月23日をとして休日としている。 それも比較的短期間、3ヶ月間くらいで出したのですから。 物事を化して考える習慣が身についており、曖昧な精神論に傾くことがありませんでした。 農林大臣 - (農林省官房文書課)• 日本、オランダに宣戦布告。 戦争末期は、政治指導者も国民もまだ力があるのに、アメリカ軍の攻撃に脅えて手を上げてしまった。 関連項目 [ ]. 一歩中に入ると竹下通りの喧噪が遠い世界のように静かだ。

Next

『昭和16年夏の敗戦』 日米開戦という意思決定とその失敗の本質

、日本政府はポツダム宣言の受諾を外交公電としてに向けて通告した(午前6時45分)。 平均年齢三十三歳、全国各地から集められた若手エリート集団が出した結論は「日本必敗」。 (中略)名札には、ただ「反省会」とだけ書かれている。 ドイツとイタリアが対米• 総力戦研究所は輸送船の撃沈によって石油備蓄量が尽きることを予測していて、日本政府は楽観視していた。 『昭和16年夏の敗戦』 〜第二章 イカロスたちの夏〜 系企業で日々データと格闘している私にはこのポイントが痛い程わかる。

Next