コロナ 全国 調査 結果。 <働くみんなのホンネ調査> 全国の転職希望者373人に調査!勤め先の新型コロナ対応|株式会社ワークポートのプレスリリース

LINEと厚労省の新型コロナ調査、第4回では「37.5度以上が4日以上」が初の減少

LINEは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、引き続き、厚生労働省に協力してまいります。 8ポイント改善した。 ・オムロン ひざ電気治療バンド HV-F710 簡単に操作ができ、歩きながらでも治療することができるひざ電気治療バンド。 【質問】この夏(7-8月 、旅行や外出の予定はあるか。 6%と、柔軟な働き方の取り入れはまだ改善の余地があることが分かった。

Next

テレワーク実施率は5% LINEと厚労省の新型コロナ調査で判明

・日本では社会全体への不安も上昇。 そのためみんなの朝が早かった(40代・男性・システムエンジニア・関東地方在住) ・できるだけテレワークでということを言われていたが、自宅で仕事をしているとなんで事務所に来ないんだと言われたことがあった(20代・男性・営業・関東地方在住) ・感染者が出たかもしれないという連絡のために20名を狭い会議室に閉じ込めて説明したこと(40代・女性・システムエンジニア・近畿地方在住) ・世間はコロナだがうちは関係ないのでいいから出勤して仕事して成績を上げろと言われたことに腹がたった(30代・女性・コールセンター・関東地方在住) ・消毒液はお客様向けで従業員は消毒液を使うな、手洗いで対応しろと言われた(20代・女性・事務アシスタント・関東地方在住) ・総会を開催すること。 通いの場の活動継続への相談対応やチラシによる通いの場(参加者)への情報提供(感染予防やフレイル予防対策、自宅でできる体操など)。 今まで実施した調査では、緊急事態宣言前後の人々の行動の変化や、感染リスクが高まる可能性がある働き方・過ごし方など今後の対策に役立たせるための分析が実現できました。 19 * 回答者における全国の職業・職種分布で補正;発熱者=37. 同省とLINEは、第2回調査を4月5日〜6日に実施中だ。 またリモートワークに使えるディスプレイなど臨時の支給があった(30代・女性・企画マーケティング・近畿地方在住) ・普段から閑散としているオフィスを引き払った。

Next

<働くみんなのホンネ調査> 全国の転職希望者373人に調査!勤め先の新型コロナ対応|株式会社ワークポートのプレスリリース

例えば、定期的な検温等による体調管理と発熱時の休暇取得の徹底、社会的距離を確保する働き方の導入(テイクアウト等の考慮、職場のレイアウトや座席の配置の調整、対面による協議や交渉を自粛、遠距離出張を控え遠隔会議で代替など)。 第2回「新型コロナ対策のための全国調査」は、4月5日から6日に実施します。 専務から職員に対し総会まで新型コロナに感染しないこと、総会終了後は職員内でクラスターが発生しても構わないとの発言があったこと(20代・男性・建築土木・中国地方) ・ある程度新型コロナが話題に上がっていたにも関わらず、窓口対応がマスクをつけるのはどうかと言われていた(40代・女性・公務員教育・関東地方在住) 今回の調査では、新型コロナへの企業の対応はさまざまであり、ニューノーマルに対応できている企業は多いとは言えない結果となりました。 この結果から、今後の不調対策には、室内で出来る手軽な運動を取り入れようする傾向が浮き彫りになりました。 08 島根県 0. 今後、企業の環境や業務に合わせて課題を改善しながら新型コロナ対策を継続していくことが求められています。 厚生労働省は、3月30日付でLINEと「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定」を締結。 一方、感染防止で導入が広がった在宅勤務やリモートワークを「現在、実施している」と回答した企業は31. 定期的に様子を伺っている。

Next

LINEと厚労省の新型コロナ調査、第4回では「37.5度以上が4日以上」が初の減少

感染拡大防止のため、ご協力をよろしくお願いいたします。 。 良い評価が51. 「日常的な買い物」も減少。 同調査は、電通グループの海外連結子会社で米国事業を統括するDentsu Aegis Network US Holdings, Inc. 厚生労働省は4月4日、LINEと共同で3月31日~4月1日に実施した第1回「新型コロナ対策のための全国調査」の調査結果を公表した。 08 岡山県 0. これまでの「フリーランス白書」で調査していたBeforeコロナ時と比較し、働き方に関する意識はどのように変わったのか、さらに不確実性の高いこれからの「Withコロナ時代」の働き方をどのように見ているのかを分析し、まとめました。

Next

第4回「新型コロナ対策のための全国調査」を5月1日より実施予定 第1~3回において厚生労働省に提供した全回答データをもとに同省が分析結果を公表|LINE株式会社のプレスリリース

09 秋田県 0. 「やや良い」と答えた人からは、企業が主体となって主要な対策を講じているものの、働き手がその内容や継続に課題を感じているようすがうかがえました。 結果2 現在最も新型コロナウイルス感染症者数の多い東京都において、最も発熱者数の多かった地区(上位20郵便番号区を抽出)のみの分析でも、結果1と同様の傾向が認められました(表2)。 ユーザーの皆さまとともに、行政における対策検討のために貢献し、一刻も早く事態収束を迎えられることを願っております。 本結果は、回答者における発熱(37. 1 福岡県 0. 対象者に、 現在の勤め先(直近の勤め先)はニューノーマル(新しい生活様式)に対応していると思うか聞いたこところ、 「はい」と回答した人が33. 09 香川県 0. 特に重大な局面に至っても働かざるを得ない職業・職種(医療・介護職種や食品・生活必需品関連の小売り業種、運送業など)が含まれます。 症状のある方が集積する地域を早期に把握したり、流行対策時における行動変容を評価したりするなど、流行対策に役立てたいと思います。 09 長崎県 0. LINE株式会社公式アカウントの見分け方(LINE株式会社WEBサイト) (URL) 全国調査のまとめ• 利用者には、SNSを使用しての報告 <冊子やチラシの作成、配布>• 感染リスクを少なくする働き方・過ごし方の実施、またその調整やサポートが必要である 全国調査の概要 アンケートに回答頂いた方の働き方・過ごし方別に6グループに分類しました。

Next

第4回「新型コロナ対策のための全国調査」を5月1日より実施予定 第1~3回において厚生労働省に提供した全回答データをもとに同省が分析結果を公表|LINE株式会社のプレスリリース

ただし、日本では自分や周囲の人の感染への懸念が上昇したのに対し、米国では減少。 生活不活発病予防を啓発する記事を市広報に掲載。 新型コロナ感染予防のためにしていることでは、「手洗い・うがいやアルコールによる手や指の消毒をしている」と回答された方が85. また、経済的影響を受ける関係職業・職種の方々には、公的資金からの補償も含めて直ちに制度的なサポートを提供できるよう検討を進める必要があります。 第2回の有効回答者数は第1回調査時の有効回答者24,539,124人 回答率29. これまでは集まることに主眼を置いていたので、発想を転換して様々な事業展開を行っていきたいです。 個人での3密回避や社会的距離対策が比較的に容易と考えられるこのグループの熱発率が一律に低いことは、「不要不急の外出を避けること」が、新型コロナウイルスの感染リスクを避ける上でも、他者に感染を拡げないためにも有効である可能性を示唆しています。 また、一方で、感染が拡大している中でも、様々に工夫を凝らしながら、つながりを維持し、行っている助け合いの活動もお寄せいただきました。

Next