メッセンジャー 引退 会見。 メッセンジャー投手最終試合はいつ?引退会見はどこで行うか調査

「体が悲鳴、もう限界だと」=阪神のメッセンジャーが引退会見-プロ野球:時事ドットコム

チームに残してきた有形無形なものは、1つじゃない。 13試合に登板して3勝7敗、防御率4・69。 絞り絞す言葉は、抽象的でも、深みがあった。 9月29日の中日戦で開かれる引退試合も異例中の異例だ。 10度の完封勝利をマークするなど長きにわたりマウンドに君臨してきた。 自分が言えることは一生懸命頑張っていれば必ずいい事が起こると思いますし、自分自身で限界を決めずに、追い込めるところまでしっかり追い込んで、しっかり練習するようにといいたいと思います。

Next

メッセンジャー 突然すぎる引退…10年間虎党に感動を与えた虎のサムライ/阪神タイガース/デイリースポーツ online

そんなメッセンジャーが1つだけ心残りなのは、ジーン・バッキー氏が記録した球団外国人記録の100勝を超えられなかったことです。 来日10年目の今季は5年連続6度目の開幕投手を務めたが、3勝7敗と低迷。 いまがその時かなと思い、決断しました。 11年から18年の8年間のうち7度の2桁勝利を記録。 今季限りでの現役引退を発表した阪神ランディ・メッセンジャー投手(38)が18日、兵庫県西宮市内で引退会見を行った。 両目から頬を伝う涙。

Next

阪神・メッセンジャーが引退会見 涙流して「想像していた以上に辛い」|阪神タイガース猛虎魂アンテナ

仕方ないと思い決断した」と語った。 右投げ右打ち。 限界にきていると体が言っているので、仕方ないと思い、決断しました」と説明。 プロ10年目の今季は、7月に不振で2軍落ちを経験、その後米国へ戻り治療やリハビリを行い再来日した。 自分がやるという気持ちでプライドを持ってやっていた。 2010年の入団から10年間もエースとしてチームを支えてきた右腕。

Next

阪神・メッセンジャーが涙の引退会見「甲子園は大きな意味を持った場所だった」

6度の開幕投手を務め、長いイニングを投げることにこだわった右腕は静かにユニホームを脱ぐことになった。 本当に大きな意味をもっていた場所です。 9月29日(日)の中日戦(甲子園)で外国人選手としては異例の引退試合が開催され、最後の先発マウンドを務めます。 と報道されております。 --タイガースの若手投手に伝えておきたいことは たくさん、本当に有望な若手がいる。 10年に来日し、チームに加入。 「これまでの功労に感謝しつつも、認めたということです。

Next

阪神メッセンジャー引退会見「よくやられました、ジャイアンツの坂本選手」【一問一答】/阪神タイガース/デイリースポーツ online

翌13日の午前中、球団に現役引退を申し出て、了承を得た。 皆さんに覚えてもらえるような、心に残るような投球をしたいと思います」と、自身のラストに向けて意気込んだ。 長年、チームを支えた功労者として、今後はポストも用意される見通し。 12日の2軍戦登板翌日の引退表明。 見てきた景色は、絶景だった。

Next

巨人にCS4連勝、最も印象に メッセ引退会見一問一答:朝日新聞デジタル

15年から5年連続で開幕投手を務めた。 2019年9月18日 16:27 - [タイガースデン]• 先ほども言いましたが、自分の身体が悲鳴をあげているというか限界が来ていたので、決断しました。 みなさんの心に残るような投球をしたい」と笑みを浮かべた。 右肩治療で米国へ一時帰国するなど、満身創痍(そうい)の中での決断だった。 今のジャイアンツで言う、菅野投手です。

Next

阪神メッセンジャー「腕がもう潮時だと言っている」 涙の引退会見

やはり愛されていた証拠ですね。 約60人の報道陣が集まるなか、壇上の椅子に座ったメッセンジャーは「オツカレ!!」とあいさつし笑いを誘った。 家に帰って妻に相談しましたが、基本的には自分で決めました。 その際、引き際を悟ったといいます。 仕方ないと思い決断した」と述べました。 谷本副社長は感謝しきりに明かす。

Next