東京 都 ガイドライン コロナ。 東京都(補助金・助成金・融資情報)

内閣官房が81業種の業種別ガイドラインを公表/新型コロナ対策

「感染防止徹底宣言ステッカー」掲示の店舗等利用の推奨 都では、事業者が実施すべき感染防止対策を全て実施した場合に、事業者の申請に基づき「感染防止徹底宣言ステッカー」を発行する取組を行っています。 日ごろ、医療機関にかかっていない方(かかりつけ医のいない方)は以下に相談ください。 モニタリング等を通じた、 都民生活や経済社会活動との両立• チェックシートにある感染防止対策を全て実施していただき、専用フォームから申請すると「感染防止徹底宣言ステッカー」を取得できます。 世田谷区• ・ 業種別ガイドラインには、「業種」「団体名」「担当省庁名」「ガイドライン掲載URL」がまとめられており、全81にも及ぶ団体が一覧にまとまっている資料になっています。 更新日 令和2年8月18日 ロードマップの5つのポイント 感染症防止と経済社会活動の両立を図りながら、「新しい日常」が定着した社会を実現するため、5つのポイントをお示しします。 「感染しない・感染させない行動」を実践することで、みんなで新しい日常を目指していく共同メッセージをとりまとめました。 なお、訪問介護時、送迎時など介護サービス提供時のもあわせてご利用ください。

Next

新型コロナウイルス感染症に関する都立学校の今後の対応について(第110報)|東京都教育委員会ホームページ

介護保険課 介護事業者支援係 Tel:03-3880-5727 ア 事業所再開の手続き 人員体制の確保、感染防止策の徹底等の対応を行い、事業所を再開する際には、以下の届出書に記入の上、郵送またはFAXで足立区役所介護保険課介護事業者支援係までお送りください。 事業者名、郵送申請した住所、電話番号 1 東京都感染拡大防止ガイドライン 本ガイドラインでは、感染防止対策を実施する際の基本的な取組を整理しています。 詳細は、からご覧ください。 5つ目にウイルスとの長い戦いを見据え、暮らしや働く場での感染拡大を防止する習慣「新しい日常」が定着した社会を構築していこうということ。 6 注意事項 (1)申請について ・対象は東京都内の施設、または都内で実施するイベントになります。

Next

東京都知事選、コロナ対策はどうする?都選管が市区町村にガイドライン配布【#コロナとどう暮らす】(BuzzFeed Japan)

本サービスは、都内民間店舗等で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合に、利用者の訪問履歴に基づき感染情報を通知するもので、民間企業である「新型コロナ・テックパートナー企業」が提供するサービスです。 5 利用者の方へ ステッカー登録店舗・事業所を地図上で表示できるサービス「東京都感染拡大防止徹底宣言 登録店舗マップ」は、こちらからご覧ください。 都教委は26日、新型コロナウイルスへの対応をまとめた都立学校版ガイドラインを公表した。 博物館• 「ステップ2」では、学習塾や劇場、映画館、商業施設など、多くの施設の休業要請を緩和する。 店舗等の利用にあたっては、ガイドラインを守らないお店の利用は避けて、ステッカーのある安心なお店を利用してください。 しかし、新型コロナウイルス感染症の蔓延により、そのほとんどが閉鎖されていた状況です。

Next

東京都「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」および事業者向け「感染拡大防止ガイドライン」の策定について|ニュースリリース |東京商工会議所

窓口等の対面場所にアクリル板等で遮蔽• この項目内容に関しては、以下の担当所属までお問い合わせ ください。 商業施設• 江東区• 利用上の注意 以下のいずれかに該当するか、又はそのおそれがある利用はご遠慮ください。 荒川区• お問い合わせ 【感染症予防策に関すること】 教育庁都立学校教育部学校健康推進課 電話:03-5320-6877 ファクシミリ:03-5388-1727 【教育活動等に関すること】 教育庁指導部高等学校教育指導課 電話:03-5320-6845 ファクシミリ:03-5388-1733 教育庁指導部特別支援教育指導課 電話:03-5320-6847 ファクシミリ:03-5388-1733 【ガイドラインに関すること(上記以外)】 総務部総務課安全管理担当 電話:03-5320-6718 ファクシミリ:03-5388-1725 【その他】 教育庁総務部教育政策課 電話:03-5320-6708 ファクシミリ:03-5388-1725. 文京区• 都立公社病院を中心とした病床確保• 運動施設• イ 危険手当 新型コロナウイルス感染者及び感染の疑いのある方へ対応する介護従事者職員の方を支援するため、危険手当等を支給いたします。 手洗いや換気の徹底や検温の義務化も呼びかける。 周辺校に感染者が出た場合の休校措置についても、正しい判断が行えるよう各校長へ適宜情報を発信するという。 新型コロナ予防対策のガイドライン 新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が延長された後に発出された 「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」の中で、政府は各方面に向けて 「事業者団体は持続的な対策として、業種や施設ごとにガイドラインを作成するよう」 求めてきました。

Next

事業者向け東京都感染拡大防止ガイドブック(第500報)|東京都

会社ごとの創意工夫により、新型コロナウイルス感染防止対策の実施をお願いします。 なお、やむを得ず休業する場合は、利用者への丁寧な説明、代替サービスの確保を行ってください。 その他• 加えて買い物、スポーツ、食事や働き方など、日常のさまざまな場面での対策をまとめたものになる。 2 申請方法 (1) 事業の業種に応じたチェックシートをご覧いただき、店舗等で実施している感染防止対策の実施状況を確認してください。 3 東京都感染拡大防止チェックシート 事業者の方向けに、事業者が実施すべき感染防止対策を掲載した業種別のチェックシートを作成しました。 「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示している施設を示す「登録店舗マップ」を作成しましたので、店舗等の利用の際はご活用ください。

Next

「感染防止徹底宣言ステッカー」の発行(第475報)|東京都

介護保険課 事業者指導係 Tel:03-3880-5746 職員や利用者が、PCR検査対象となった場合、以下の担当課まで至急報告願います。 2週間単位をベースにして状況を評価して、段階的に施設の休業要請を緩和する。 ロードマップは5つの柱 「ロードマップは5つの柱がある。 台東区• 学校とオンライン学習等による家庭学習とを組み合わせ、その配分を変えることで、児童・生徒たちの学びを確保し、第2波にも備えます。 (9月末更新期限の方まで)延長期間6か月 (10月末更新期限の方から)延長期間12か月 手続きについて、以下をご確認ください。 感染防止徹底宣言ステッカー 都では、都民の皆様が安心して利用できる施設であることを知らせるため、「感染防止徹底宣言ステッカー」を作成しました。

Next

内閣官房が81業種の業種別ガイドラインを公表/新型コロナ対策

都の「見守りサービス」や国の接触確認アプリ等を活用してください。 エ 集団感染(クラスター)のマスコミ等への公表について 足立区では、区内の介護サービス事業所等において、集団感染(クラスター)が発生した場合には、施設名等を公表します。 会食をする際には、「長時間」の飲食・飲酒、「大声」や「至近距離」での会話はしないでください。 5月1日より、「融資額1億円まで3年間の無利子化」などの充実が図られています。 また、1都3県では「感染防止対策を実施し、安心して利用できる施設等」を皆様にお知らせする取組を行っております。 正常に動作しない場合は、別の端末やブラウザを利用して出力をお願い致します。 テレワークや時差通勤を改めて徹底してください。

Next