ベトナム コロナ 外出 禁止。 新型コロナウイルス感染症をめぐる諸動向(最終更新:2020年8月24日)

ベトナムのコロナ対策がすごい!【5月4日から外出禁止解除!学校再開!】

8m)の距離を取る ・自宅から外出する場合、鼻と口を隠すようにマスクを着用 ・頻繁に手を洗うか手指消毒剤を使用する ・体調に注意を払い,COVID-19の症状が出ていないか確認する。 (12)ゴミを毎日収集し,指定された場所に処分する。 感染者数は本当? ベトナム政府は23日、「社会隔離」と名付けて1日から続けていた外出制限を緩和した。 また、全ての外国人に対するビザ発給の停止は維持し、海外からの入国制限も続けられます。 2020年5月4日 テイクアウト店、デリバリーサービス業向け等遵守事項 新規感染者6名 保健スポーツ省はショッピングモール、スーパーマーケット、持ち帰り販売店、宅配デリバリーサービス業向け遵守事項を発表しました。

Next

ベトナム、15日間外出禁止 新型コロナ対策で移動制限:時事ドットコム

マイクロファイナンス銀行が、ミャンマー経済銀行から年率1パーセントで借受けて、それを年率2パーセントで貸し出す計画である。 企業ではテレワークや出勤時間をずらす「時差出勤」をしているところもありますが、結局出勤していることには変わりありません。 新型コロナウイルスの蔓延により大きな打撃を受けている観光業の活性化と、往来需要に応えることが目的です。 所変われば…ということか。 「食料、医薬品の買い物などを除き、自宅で待機しなければならない」と国民に呼び掛けた。 外出時にはマスク着用が義務付けられ、他者と接する際は2m以上のソーシャルディスタンスを保つ必要があります。

Next

コロナウイルス対応の優等生―ベトナムの感染状況と経済への影響は?

・可能な限り自宅に待機する。 現在ベトナム国内では、新型コロナウィルス感染拡大の抑止として、外出禁止やバスやタクシーの運行もSTOPしています。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、現在様々な国で 入国時の検疫の強化 健康申告書等の提出、隔離措置 や 入国、ビザ発給の制限を行っています。 医療体制が脆弱なことから、第2波流行の拡大が強く懸念されるベトナムでは検査キットの開発も進んでいます。 ベトナムの新型コロナウイルス対策について議論していた時、ある日本人駐在員が嘆いた。

Next

新型コロナで「外出禁止」ならどうなる? 欧州の事例を徹底比較:日経ビジネス電子版

ベトナムでは15日午前、ロシアから帰国した24名の新規感染者が確認されるも、29日連続で国内の感染者は出ていません。 (14)健康管理又は隔離の必要がある疑い事例があれば,直ちにアパート管理者に通知する。 また同市教育訓練局によれば、新型コロナウイルス感染症による影響を受け、市の教育施設で働く教職員4万1722人が無給休暇や離職を余儀なくされています。 当初の意見はベトナム国内でも分かれていた。 ウズベキスタン到着前10日間について、該当国に滞在していた者は、到着後、14日間の自宅隔離となる 赤色国家(緑色国家、黄色国家以外):感染者数が減少していない国家。 【8月11日更新】 8月11日現在、ベトナムの新型コロナウイルスの感染者は841名、死者は13名と報告されています(参照:WHO)。

Next

【緊急レポート】新型コロナ対策優等生といわれるベトナム。在住日本人から見たベトナム政府の対応はどうだったか?

(6)タイ国籍を保持しない者で,タイ国籍を有する者の配偶者,両親もしくは子息。 また、毎日の体温測定、疑う事例があれば直ちにアパート管理者に通知すること、保健省や地元保健当局の情報を常に確認し、感染症の状況についての不正な情報を宣伝しないこと、感染症例・疑わしい症例・自宅での隔離の事例がある場合には、アパートの管理者の指示に従うことなどが含まれています。 具体的には、 ・感染症の居住地または勤務先からホーチミン市に来た人や、社会隔離措置を実施中の地域からの入域者と接触があった場合:集中隔離措置と検査を受ける ・保健省が公表した場所のいずれかを訪れた場合、または呼吸器症状がある場合:在宅隔離措置と検査を受ける としています。 ハノイ市人民委員会司法局は、新型コロナウィルス対策として、以下の罰則を適用することを発表しました。 アプリには、ベトナム国民向けだけでなく、ベトナム入国者向けも開発されている。 3月13日に世界保健機関(WHO)が「今やヨーロッパがパンデミックの中心地になった」と発表するなど、まだまだ終息の気配が見えませんが、ASEAN地域ではどうなのでしょうか? 日本では、あまり報道されていないASEAN地域での新型コロナウイルスの現状について、お届けします。 しかしベトナムでは (1)公共の場でマスクを着用しなかった者:最大30万ドンの罰金 (2)公共の場,道端や路上に使用済みマスクをポイ捨てした者:最大7百万ドンの罰金 (3)自分又は他人の新型コロナウイルスの感染を隠した者:最大2百万ドンの罰金 (4)公共での飲食サービスの休止措置を遵守しなかった個人及び団体:それぞれ最大1千万ドンと2千万ドンの罰金 (5)公共の場での集会制限又は商業サービスの休止措置を遵守しなかった個人及び団体:それぞれ1千万ドンと2千万ドンの罰金 (6)感染地域を出入りする前に行う医療検査・観察措置を遵守しなかった者:最大2千万ドンの罰金 (7)隔離施設からの脱走,隔離に関する規定の不遵守,隔離・強制隔離措置の拒否:最大1千万ドンの罰金 (8)インターネット上にデマ情報を投稿した者:最大1500万ドンの罰金 (9)上記(7)の者や医療申告を不誠実に行う者が他人に感染させた場合,上記(8)の場合等には,刑法の適用もあり得る。

Next

ベトナム 4月23日から外出禁止をほぼ解除

政府の対策に肯定的な評価をする国民の割合は3月末以来90%を超えており、今に至るまで対象国中第1位を継続している。 2020年4月17日 観光業者の事業免許更新及び手数料を1年間免除 新規陽性患者3名 ホテル観光省は観光業者の事業免許更新および事業免許手数料を4月から来年3月まで免除すると発表した。 航空については、ハノイ~ホーチミン線が1日6便、ハノイ~ダナン線とホーチミン~ダナン線がそれぞれ1日2便に増便。 ウェブサイトを見て驚いたのは、感染者第1号(BN1)以降、すべての感染者がリスト化されていることだ。 社会隔離措置が緩和され、不要不急の業種とされていた各業種の一部営業再開が認められたことから、今後、経済活動は徐々に通常の状態に戻されていくことと思われます。 【5月15日更新】 5月15日現在、ベトナムの新型コロナウイルスの感染者は312名と発表されています(出典:ベトナム新型コロナウイルス感染症予防国家指導委員会)。 また、プラスチックや鉄に付着したコロナウイルスからも感染のリスクがあるので、配達で食べ物や日用品を受け取っても感染の可能性はゼロではありません。

Next