検察 官 の 定年 延長 何 が 問題。 黒川氏定年延長、不透明な経緯 検察庁法改正案の問題点 [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

「検事長定年延長 法の理念と国民の信頼」(時論公論)

その裏側として、検察の威信を取り戻す方向に行くか行かないかの問題です。 コロナ対策はスピードが最重要と政治家の人が言ってましたよね。 稲田氏が慣例通りに7月まで続投しても後任に就くことができるからだ。 立法権が最上位に据えられているのです。 なんとなく覚えてはいるものの、検察官の問題とどのように関係しているのか、意外とあまり理解されていません。 また、国家公務員の定年延長は、そのまま地方公務員の定年延長にもつながる。 という事が問題視されているのが現状です。

Next

「秋霜烈日」検事長定年延長問題、そこまでしてなぜ?検事の本音は…

Q:今回、法の解釈変更を示した文書を法務省で口頭決裁したことにも批判が高まっています。 しかも、内閣の判断で検察幹部の定年を3年延長できる特例規定を削除し、法案を再提出するという。 検察庁法改正法案はどこが問題? 検察庁法の改正法案についてどういった点が問題になっているのかと言うと、 検察への政治介入が強まるのではないか という部分が主となっています。 ただ、森大臣は、定年延長を妥当だとしたことについては「口頭で決裁した」と述べたうえで、「適法であり適正な手続きだ」としています。 そして、この統治システムは、国民が選挙権を行使することによってこそ守ることができるといえるでしょう。

Next

検事長の定年延長で三権分立の理念を揺るがす問題点と検察庁法、国家公務員法の解釈

政府側の解釈変更の理由として、森雅子法務大臣が「東京高検検察庁の管内において遂行している重大かつ複雑困難事件の捜査公判に対応するため」と説明しました。 ツイッターで抗議の声が広がった背景を、コロナ禍で政治家への不信感や違和感が強まり、「(改正案が)便宜や利権のためではないかとの目で見る人が増えたのでは」と分析。 政府が1月31日に、東京高検検事長・黒川弘務氏(62)の定年延長を閣議決定したことが、大きな議論となっています。 通ってしまえば、2022年度の直前に大不況が来ようが、2030年度直前に国家財政が破綻しようが、定年は粛々と延長されていく。 10日朝に「このコロナ禍の混乱の中、集中すべきは人の命。

Next

黒川検事総長の定年延長問題について

「検察の人事に政治権力の介入を正当化するものだ。 黒川氏は今年2月8日に63歳で定年退職を迎えるため、総長就任は難しい状況だった。 ただ、日本の三権分立は立法府である国会と、行政府である内閣との境界があいまいになっていて、必ずしも拮抗した力関係にあるとは言い切れません。 お暇でしたらまた読んでみてください。 政府は説得力のある説明を全くできていない。 また、検事総長になるには現役の検事からだけ、という縛りがあります。

Next

検察官定年延長法案、ネットで「大炎上」の理由

適切な人事だ」と説明します。 だが、それは年齢に関係なく、能力が足りなければクビになる世界の話だ。 信頼回復というなら、安倍総理の意向には従わず、法相としてまともな判断ができるよう元の人権派弁護士に回帰していただきたいですね。 憲法の規定に基づく裁判所法の「年齢が~年に達した時に退官する」と同様に、検察庁法で規定する「定年」は、その年齢を超えて職務を行うことを認めない趣旨だと解するべきである。 Q:検察官の定年延長を政府が閣議決定したことは、立法権(国会)、行政権(内閣)、司法権(裁判所)の三権分立の理念に反すると言えるでしょうか? ——— 国家権力は、立法権(国会)、法律を執行する行政権(内閣)、法律を解釈・適用して紛争を解決する司法権(裁判所)に分類されます。 なのに、なぜ定年延長(という人事案)が「中立性、独立性」をことさら損なうことになるのか。

Next

黒川検事長とは「定年延長反対」の人!何した?辞任と握りつぶし!

検察的には超名門の生まれにしては腰が低く(検事らしくない)温厚で、言うことも常識的でした。 本来はどのように手続きするものなのでしょうか。 これらを別々の機関に取り扱わせることで、権力の暴走を防止し、国民の権利を保護しようとするのが三権分立です。 曖昧であるがゆえ 「安倍政権は自分達に有利になるように法律解釈や答弁修正をしている」と考える人も多いのです。 2002年に相模原市で弁護士事務所を開業。 少なくとも国民の目を誤魔化して法案の成立を目指すのではなく、法案を再提出すべきかどうかを含め、真正面から議論するべきだろう。

Next

社説:検察官の定年延長法案 何のために成立急ぐのか

東京高等検察庁の黒川弘務検事長。 ただ、ネット世論の激化も絡み、与党内からも採決強行に反対する声が出始めており、今後の展開に不透明感が増してきた。 「検察の信頼回復」と法相がコメントされても、国民は誰もついてきません。 検事の定年は63歳だが、これを半年延長することで、安倍政権は黒川氏を 次期検事総長(定年は65歳)に就任させるつもりではないか、との推測が飛び交う。 以上を踏まえた上で、安倍政権が検察の定年を伸ばそうとしている。 稲田伸夫・検事総長(63)は来年8月14日で65歳を迎えるが、約2年で総長が交代する慣例に沿えば、定年退職を待たずに7月が交代時期となる。

Next

江川紹子が解説【検事長定年延長】は何が問題か…正当化できない“脱法的人事”の果てには

85%、30代が44. 黒川弘務検事長の定年延期、一体何が問題なの? 実は検事長の定年は63才と決まっています。 じゃあ次に気になるのが「黒川検事長の定年延期の一体何が問題なの?」という事ですよね。 政権にとって都合のいい人物が長期間、検察組織を動かすという事態も起こり得る。 日本にいる検察官の人数は全部で2767名なのですが、全員が検察庁というところに所属しています。 2月8日の誕生日で63歳になりました。 誰がホストをつとめようが、こちとらにはどうでもいい話だが、暗黙のルールを破る稲田をケシカランとする黒川支持派と、稲田に追随する一派との抗争となる。

Next