グリッド データ バンク ラボ。 2019年、実績が見えてきた電力分野のデジタル化③~電力データ編|スペシャルコンテンツ|資源エネルギー庁

【佐川急便】世界初「AI活用による不在配...|ニュースリリース|佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

このたび、電力データ活用による不在配送解消の社会実装を見据え、横須賀市とGDBLが参画して5者共同で2020年秋頃に、横須賀市内でBルート(スマートメーターのデータを家庭用HEMS機器等で直接受信する方式)を用いたフィールド実証を行うことを目指し、準備を進めてまいります。 また、会員や加入を検討されている団体に対して、各種説明会やセミナーを行い、GDBLの取り組みについて理解を深めて頂いている。 (賛同参画企業・団体について) グリッドデータバンク・ラボは設立以降、さまざまな企業・団体に活動趣意に賛同いただき、会員として参画いただいており、現時点での賛同参画企業・団体は約30社(団体)となります。 Market Place(交流) 企業同士のマッチングや交流機会の提供等、出会い交流できる場所を提供します。 これによって、ITとOTの両者を融合させて新しい価値をつくるビジネスへと大きく転換するようになってきたのです。

Next

「グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合」への参画について|2018|過去の送配電プレスリリース|プレスリリース|ABOUT US|関西電力

() このたび、新たな組合員が参画するとともに、共創活動をしていく場としてオフィス兼ラボ(以下、「ラボ」)を開設しましたのでお知らせします。 アイデアの企画段階で、新サービスが法制度面で乗り越えるべき障壁や克服の方法なども検討する。 (国土交通省「宅配の再配達の発生による社会的損失の試算について」より) この不在配送が、初回の実証実験のとおり不在率を減少させられた場合は、大きな効果が期待できると考えられます。 CLOSE• 開設したラボでは、会員の出会いの場となるオープンラボスペース、アイデアの試作・実証の企画を進めるプロジェクトルーム、特定の人のみに限定してデータを取り扱うセキュアルームなどを配置。 また、災害を被った場合には、システムダウンした箇所を全体のシステムから素早く切り離し 注15、ブラックアウトに至らないように備えています。 配達業務の効率化により、配達にともなうCO2の削減といった効果も期待されます。 CLOSE• 164• カテゴリー• Incubation Support アイデアソンやハッカソンを開催することで、電力データと異業種データの掛け合わせによる新サービスやソリューション発見のきっかけづくりを支援します。

Next

プロジェクトストーリー|2021新卒採用サイト|東京電力

CLOSE• そこで、スマートメーターから収集したリアルタイムの電力使用量データと、過去の配送実績、渋滞や天候の情報を組み合わせ、在宅状況や交通事情をふまえた最適な配送ルートを設定することで、よりスムーズな配送作業を実現し、再配達の負担を減らすアイデアが検討されています。 もっとも消費者に近いスマートメーターのデータを使ったさまざまなサービスとの融合の可能性が考えられています。 グリッドデータバンク・ラボは、本ラボにおいて、幅広い業種の参画者(データ保有者、エンドユーザー、スタートアップ企業やサービス提供者等)を募り、アイデア誕生のきっかけづくりから実証の企画、推進までをトータルでサポートしていきます。 175• メンバーの1人、田端さんは「アイデアソンといっても(企画側の)私たちの目線がバラバラであることに気づかされました」「4社から集まったアイデアソン未経験のメンバーが、1つのビジョンを創造していく手法としてとても有効だと思いました」と話します。 ラボ創立時から運営に関わる田端さんも、アイデアソンでらんらんさんが話した内容に関連し「ラボという仕組みにこだわらずに 、 まず自分個人として『そのサービスを使うだろうか』と自問することを忘れずにいたい」と話します。 113• 本ラボは、デザインシンキングやアイデアソンなどの共創活動を推進するオープンな環境を提供するとともに、セキュリティにも十分に配慮しております。 関西電力は、本ラボへの参画をはじめ、今後も様々なデータ活用の可能性を追求することにより、お客さまと社会のお役に立つサービスの創造や社会問題の解決に積極的に取り組んでまいります。

Next

「グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合」の共同設立について|プレスリリース・お知らせ一覧|東京電力パワーグリッド株式会社

東京電力パワーグリッド 東京電力PG とNTTデータは11月7日、データを利用し社会課題の解決や新たな付加価値の創出を目的とした「グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合」に関する組合契約を締結したと発表した。 また、現在検討が先行して進められているデータ活用領域は、地域単位で電力データの動向を集約した「統計データ」ですが、「世帯・事業所単位のデータ」が活用される未来についても国の委員会などで議論が始まっています。 中でも送電・配電分野における電力データのうち、電気の使用量や使用時間などの電力使用状況に関するデータは、デジタル技術を使って遠隔で検針ができる「スマートメーター」の登場により、これまで以上に正確なデータを容易に集められるようになったことから、利活用が期待されています。 また、電気事業は法令に基づいて運営されていることから、こうした法令との整合性も必要となります。 当社が参画する「グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合」(注)(以下、「本ラボ」)が、本日東京都内にオフィス兼ラボを開設し、本格的に活動を開始いたします。 189• その講演は、新規事業開発担当の参加者にどのような印象を与えたのでしょうか?「当初は、ベンチャー企業の経営者でもあり、年代も若いらんらんさんに、サラリーマンである私たちの話が通じるのか不安でした」と平井さんは率直に語ります。

Next

アットホームがグリッドデータバンク・ラボに参加

今後、各種説明会等のイベントをはじめとした情報のご案内をしていく予定です。 同時に、ITとOTを統合した環境では、サイバーセキュリティ対策が重要となってきました。 電力データをプラットフォームとして整備し、他業種の企業が持つデータと組み合わせ新たな事業や市場を創出することも見込む。 企業名(50音順) 足立区 オリックス株式会社 関西電力株式会社 株式会社ゼンリン 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 SOMPOホールディングス株式会社 中部電力株式会社 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 東京海上日動火災保険株式会社 東京海上ホールディングス株式会社 株式会社博報堂DYホールディングス 株式会社ハレックス 三井住友海上火災保険株式会社 三菱UFJ信託銀行株式会社 株式会社ランドログ 株式会社横浜銀行 等• CLOSE• 本ラボは、各業種の垣根を越えたデータを用いることで、地球温暖化・自然災害や労働力不足などの社会課題の解決や、さらには新たなビジネス価値を生み出すことが期待されているなかで、様々なデータを活用し、社会課題の解決や新たな付加価値の創出を目的に設立されます。 【「グリッドデータバンク・ラボ」について】 「グリッドデータバンク・ラボ」(2018年11月設立)は、全国の電力会社が設置するスマートメーターをはじめとする電力データを活用し、社会課題の解決や産業の発展に貢献すべく、その社会実装に向けたユースケース実証や政策提言を行う組織です。

Next

[ 5/6 ] 東京電力パワーグリッド株式会社 取締役副社長 岡本浩氏に聞く!日本の電力システム改革と今後の展望

日本が抱える不在配送問題 近年、多様化するライフスタイルとともに電子商取引(EC)が急速に拡大し、宅配便の取り扱い個数が増加している一方、宅配便の再配送はCO 2排出量の増加やドライバー不足を深刻化させるなど、重大な社会問題の一つとなっています。 図10 増加する電力関連施設などの社会インフラを狙ったサイバー攻撃の事例 出所 電力SWGの開催と電力分野におけるサイバーセキュリティ対策について 2020年には、東京オリンピック・パラリンピックも開催されますが、このようなサイバー攻撃や災害には、どのように対応されていくのでしょうか。 アイデア出しにおいて、Hackcampでは異質な存在=ダイバーシティの重要性を認識し、さまざまな属性のゲストとのコーディネートを提案しています。 【参画の背景と目的】 1967 年の創業以来、アットホームは「情報メディアと業務ソリューションを通じて不動産に関わる全ての方のお役 に立つために」という思いのもと、業務効率化・生産性の向上をサポートする多種多様なソリューションを提供してま いりました。 ・当日、アンケートにご協力をお願いいたします。 【参画の背景と目的】 1967年の創業以来、アットホームは「情報メディアと業務ソリューションを通じて不動産に関わる全ての方のお役に立つために」という思いのもと、業務効率化・生産性の向上をサポートする多種多様なソリューションを提供してまいりました。 このたび、新たに横須賀市とグリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合(以下「GDBL」)が参画し、5者共同でこの問題に取り組むことに合意いたしました。

Next