プラド 美術館 驚異 の コレクション。 映画「プラド美術館 驚異のコレクション」公式サイト » NEWS

映画「プラド美術館 驚異のコレクション」公式サイト » NEWS

アントワープでは、大規模な工房を営み、数多くの作品を残しており、プラド美術館にもたくさんの作品が展示されています。 ラス・メニーナス プラド美術館で最も有名な作品が、ベラスケスが、 1656年に描いた、『ラス・メニーナス』です。 『胸に手を置く騎士』『聖霊降臨』『羊飼いの礼拝』『受胎告知』なども必見。 こちらは、レンブラントが、1634年に描いた旧約聖書に登場するユディットを描いた作品 Judith at the Banquet of Holofernes 、通称『アルテミシア』 Artemisia です。 15世紀から17世紀にかけて「太陽の沈まぬ国」とも呼ばれたスペイン王国。 本作は、2019年に開館200周年を迎えた、世界最高峰の美術館の一つ、プラド美術館の全貌に迫るドキュメンタリー。 たくさんの人が登場する複雑な構図を遠近法を用いて生き生きと描いており、教会や王侯貴族がパトロンの中心だった当時、一般市民を描いた稀なアーティストです。

Next

今井翼、映画『プラド美術館 驚異のコレクション』公開についてコメント!「平穏な日常が戻ることを祈っております」

ベラスケスは画家の中の画家だ」と。 宮廷アーティストらしいモチーフの作品で、ラス・メニーナスとは、女官たちを意味します。 スペインでは、そんな隆盛に伴って、アートも発展し、ヨーロッパ各地からアートの巨匠たちがスペインを訪問しにやってきます。 プラド美術館の現在の館長ミゲル・ファロミールが、愛着のある作品を紹介する。 (作品資料より). ルーベンスは、スペイン統治下のフランダース地方出身のアーティストで、イタリア、スペイン、イギリスなどヨーロッパ各国を外交官として訪れ活躍したアーティストです。 彼らが主に描くのは、ここ400年ほどのスペインの歴史に登場する国王、王女、貴族たちと、周辺にいる市井の人々だ。

Next

今井翼がナビゲート『プラド美術館 驚異のコレクション』、7.24公開へ /2020年5月20日 1ページ目

歴史物からファンタジー、サスペンスと幅広い作品で活躍する名優であり、プライベートでは400年間放棄されていたアイルランドの城を修復して暮らすという、歴史とアートを愛する知識人の一面も持つ。 応募時のアンケートにご回答ください。 ジェレミー・アイアンズのナビゲートも カッコいいですね。 THEATER プラド美術館 驚異のコレクション 2020年07月24日(金)公開 2020. プラド美術館は、マドリードの中心の西側エリア、レティーロ公園の東側で、アトーチャ駅からも近いとても便利なところにあります。 見事な仕事で、これはアート系のドキュメンタリー映画では、必見と思う。 いずれも、ゴヤの人間観察の深さを物語る傑作ばかりだ。

Next

今井翼、映画『プラド美術館 驚異のコレクション』公開についてコメント!「平穏な日常が戻ることを祈っております」

当初よりも公開が遅れていますが、この作品を通して異国情緒をお楽しみいただける平穏な日常が戻ることを祈っております。 昔、2日続けて訪れたのだが、見方が浅かったと思い知らされた。 「ジェレミーさんは38歳の僕よりうんと歳上の名俳優。 ナビゲーターに、名優ジェレミー・アイアンズ なおナビゲーターは、『運命の逆転』 90 でアカデミー賞主演男優賞に輝いた名優ジェレミー・アイアンズが務める。 また、奇妙な謎が散りばめられたボスの「快楽の園」、当時は男性中心だった美術界に名乗りを上げた女性芸術家クララ・ピーターズの静物画など、斬新な審美眼と見聞の広さをミゲル・ファロミール館長やベテラン学芸員が紹介。

Next

映画『プラド美術館 驚異のコレクション』新公開日決定、今井翼がコメント

我が子を食らうサトゥルヌス ゴヤは、晩年、戦争や混乱の荒波に飲みこまれたこともあり、それまでとは全然違ったダークな雰囲気の作品も残しています。 日本でもいよいよ今夏 2020年7月24日から日本語版「プラド美術館 驚異のコレクション」が公開予定です。 栄光の時が刻まれた美術のドキュメンタリーをぜひお楽しみください」とコメント。 実はこちらの作品にもゴヤ自身が描かれ登場しています。 美術館への入口がある北側には、もう一人の宮廷アーティスト、ゴヤの像があります。

Next

ドキュメンタリー映画『プラド美術館 驚異のコレクション』世界屈指の美術館にカメラが初密着

2019年に開館200周年を迎え、新プロジェクトも進行中の美の殿堂に、美術館全面協力のもと、初めてカメラが密着したドキュメンタリー。 「裸のマハ」、「十字架のキリスト」、「わら人形の遊び」、「我が子を食らうサトゥルヌス」、「犬」、版画集「ロス・カプリチョス」など。 スペイン黄金世紀を後世に伝えるプラド美術館が開館200周年を迎えた。 プラド美術館所蔵の絵画には、ティツアーノがあるし、もちろん、ベラスケスや、ゴヤ、エル・グレコもある。 毎年約300万人が訪れるプラド美術館は、スペイン黄金時代に生きた王と王女が、自らの意志と審美眼で収集した唯一無二の美の殿堂。 不安はありましたがやりがいと手応えを感じました」 「この知識を持って、再びプラドで絵を鑑賞したい。 プラド美術館について「作中でも説明されますが、プラドは草原という意味なんですね。

Next

プラド美術館 驚異のコレクション|デジタル映画鑑賞券【ムビチケ】

世界最高峰のプラド美術館。 ブレダの開城 こちらは、1634-1635年頃の作品、ブレダの開城 The Surrender of Breda です。 プラド美術館のコレクションのもとになっているのは、かつて、世界最大の帝国を築いた時代もあったスペイン帝国の王室、特にフィリペ4世のコレクションです。 このほど、ドキュメンタリー映画「プラド美術館 驚異のコレクション」(東京テアトル配給)を、懐かしさいっぱいの思いで見た。 この記事の写真を見る• 宮廷画家ディエゴ・ベラスケスやフランシスコ・デ・ゴヤ、日本でも人気の高いエル・グレコなどの傑作に接写し、天才たちの筆遣いを伝える。 中世ヨーロッパのアートの中心であったルネサンスのイタリア、北方ルネサンスのフランダース地方・オランダ、ドイツなどヨーロッパ各地で活躍した巨匠たちの豪華な作品コレクションからはじまり、次第にスペインがアートの中心地の一つとなっていった時代の作品まで膨大なコレクションがありますが、中でも、スペイン王室の宮廷アーティストとして活躍していた、ベラスケスとゴヤのコレクションは目を見張るものとなっています。

Next