日本 女子 プロ ゴルフ 暴言。 LPGA小林会長が笠りつ子暴言問題の処分経緯説明

女子プロゴルフ不適切発言・暴言の選手名は誰?表純子や大山志保らのためにも公表すべきの声|LDs

笠りつ子 31 5勝• 今回の問題があったゴルフ場:マスターズゴルフ倶楽部 毎年大会が開かれる事で有名ゴルフコースです。 カネになる選手を大事にしますからね。 それなりに稼いでるプロ選手なんだからタオルぐらい自前で持ってこいよ• 昨年も片山晋呉プロが招待客に不適切対応で問題に ゴルフのトッププロといば圧倒的な才能と努力・持ち合わせた運・・そして莫大な収入が入ってきます。 カテゴリー• 引用:共同通信 記事によると、暴言を吐いた選手はベテランとのことです。 協会として責任を感じている」と釈明に追われた。 当面の間ツアー出場を自粛すると表明した。 その後、『日本女子プロゴルフ協会(LPGA)』の小林浩美会長は報道陣の取材に応じ、 「あってはならない不適切な発言があったということは確認できている。

Next

不適切発言・暴言の女子プロゴルフ選手は笠りつ子で確定!引退ある?|トレンド口コミ~コーヒーイノベート~

ちなみに、2006年11月「マスターズゴルフ倶楽部」チャリティーマッチで このゴルフ場にはタイガー・ウッズが来場しています。 笠は当面の間ツアー出場を自粛。 日本女子プロゴルフ協会はコメントで「関係者へヒアリングし、最終的に処分を決定する」と言っていますが、果たしてどのような決断が下されるのでしょうか。 女子ゴルフ日本ツアーの「NOBUTA GROUPマスターズGCレディース」(10月24〜27日)で人気プロ・笠りつ子(りゅうりつこ・32)が起こした「死ね暴言」問題だ。 また、現時点では調査が続いていて処分内容も決まっていないため、処分決定まで直接の謝罪は控え、今後改めて表に出て謝罪することを明らかにしており、今回の問題を受けて 当面の間、ツアー出場を自粛することを発表し、これからどのような処分が下されても受け止め、深く反省して自分を見つめ直していくとしています。

Next

暴言事件の裏にある根深い問題【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】(No.139307)

ちなみに、今回の出場者は次の通り。 記事から判断すると、脱衣室のバスタオルが無くなって困るから今回は協会と協議してバスタオル持参の処置を取ったとのこと、裏を返せばバスタオルの無くなり方が半端ではないと言うことだと思う。 スタート前の選手がストレッチなどで利用するクラブハウス内の風呂場の脱衣所にバスタオルがなかったことに激高。 71歳だった。 応対したコース関係者に「頭が固い。 同番組は26日の放送を休止している。

Next

女子プロゴルフ暴言「死ね」不適切発言の選手は誰?笠りつ子特定!|waonのブログ

笠の不適切発言は10月の「マスターズGCレディース」の大会初日の24日に起きた。 ゴミの不法投棄、私有地への不法侵入、違反駐車、窃盗、暴行などなど。 このニュースが出た後、ネットでは犯人探しにやっきに 新聞では既に、 笠りつ子選手であるとの報道がありました。 そして、この話を聞きつけたベテランの女子プロゴルファーが激怒。 そこにタオルがなかったことが発端で暴言が出た。 賞金総額が最高金額の豪華に大会の割に、数万円のタオルの損失を喧しく言い、廃止する。 そんな背景が「選手ファースト」をまちがった方向に導いてしまいがちだ。

Next

女子ゴルフ暴言(不適切発言)のベテランプロ選手は誰?名前特定?|かねろぐ

協会の対応策は後日でも良いです。 小林会長が謝罪・・当該選手の処罰の可能性へ 今回のベテラン選手の暴言発言。 笠サイドも身動きが取れなくなっていた。 有村智恵 31 14勝• 一方、「伊藤園レディス」(15日開幕、千葉)までツアー出場を自粛する笠が、復帰戦となる「大王製紙エリエールレディス」(21日開幕、松山)でどんな変わりっぷりを見せるかも気になるところだ。 片山晋呉プロは13ホールからスタート。 当該選手に聞き取り調査をした上で、協会のコンプライアンス規定に沿って対応したい」と話した。

Next

笠りつ子選手が暴言問題で炎上続く。女子プロゴルファー「死ね」発言で波紋、謝罪し活動自粛発表も…

バカアホまぬけより 「しね」は感情がどうあれ 使ってはいけない言葉です! 名前出さないのは、その選手への忖度としか思えない。 小林会長は「事実関係を確認中なので、途中経過は言えない」と詳細は明かさず。 今回の暴言問題をきっかけにLPGA側の対応もしっかりと調査し、問題の部分を改善していかなければ今後また同様のトラブルが起こる可能性もありそうで、単に笠りつ子選手に処分を下すだけでなく、LPGA側も問題を重く受け止めて再発防止への対策を行っていってほしいです。 10月下旬に兵庫県で開催されたNOBUTAグループ・マスターズGCレディースで風呂場にタオルがなかったことに腹を立てて関係者と口論になり、その際に「死ね」などと言ったという。 ゴルフの女子ツアー会場でコース関係者に暴言を吐き、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)から厳重注意、3日間の新人セミナー受講の処分を受けた笠りつ子(32、京セラ)が19日、問題発覚後、初めてマスコミの前に姿を見せた。 現状ゴルフの上手い窃盗犯の集団であるという認識で対処しなくてはならない。 小林会長は「事実の確認中なので、詳細は話せない」とする一方、「不適切な発言があったことは確認している。

Next