香港 高速 鉄道 法律。 広深港高速鉄道が開通 香港から深セン、広州や中国主要都市へのアクセスが格段に良くなる|ライフはゼロじゃない

中国、香港域内に警察権 新高速鉄道の駅で出入境管理 :日本経済新聞

なお、電話は使えませんのでご注意ください。 案内看板に従って、ショッピングモールの中を進む。 上の写真は羅湖口岸(イミグレーション)の建物を出たところから撮影したものです。 「香港まで行かないの?」ときくと、「新しい高速鉄道をちょこっと試してみたいと思って。 (エクスプロア上海)• 1997年の香港の中国返還後も、中国本土と香港を行き来するには国境を越えるような手続きが必要。 香港から中国へ直通のバスであっても、国境手前で一度バスを降りて、出入国審査を終えたらまた自分のバスを探して乗車する必要があります。

Next

香港ー深センー広州を結ぶ高速鉄道「広深港高速鉄路」ガイド

香港の地下鉄路線図は上の通りです。 長距離だと北京西までが約9時間、上海虹橋までが約8時間17分となっています。 購入方法は香港のMTRのサイトで購入するか、中国の鉄道予約サイト12306で買うかの2種類。 最高時速は時速306キロに達した。 香港では200kmまでしか出しませんが、中国に入ると300km超で走ります。 同意事項にチェック 1. 1997年に英国から中国に返還されたが、「一国二制度」の高度な自治のもと、パスポートの種類も違う。 とりあえず、外国人なので「MTR Online Ticketing」を選んで先に進みます。

Next

広深港高速鉄道

きれいな電車です。 切符の自動販売機は香港・中国のIDカードが必須で、外国人は利用できません。 改札を抜けるとまず安全検査を受け地下3階へと降りる。 西九龍駅で通関、出入境の検査検疫を行います。 自動販売機が設置されていますが、外国人は使えないため省略しています。 香港を150年余りに渡って統治したイギリスでも「一地両検」には関心が集まった。

Next

香港と中国を結ぶ広深港高速鉄道に香港西九龍から広州南まで乗ってみた

BBCニュースでも「ユーロスターではなんら問題にならないこの制度が、なぜ香港でこれほどまでこじれたのか?」と取り上げられ、香港出身の政治記者が「中国と香港はいまだに特殊な関係にある。 上の写真は広州南駅です。 広州人で、広州酒家の文昌鶏を知らない者はいない、と言われるくらいの看板料理です。 上の写真は二等車で、日本の新幹線と同じように、一列が二席+三席という設計です。 本土の字体である簡体字ではない。 広深港高速鉄道とは 広深港高速鉄道とは、香港から深圳・広州へ直通する最高時速350kmの高速鉄道のことをいいます。 今回、高速鉄道を使って深センまで旅をしてみましたが、中国に着いて入境手続きをせずに、すぐに移動できることはとても効率的に感じました。

Next

香港の新幹線「広深港高速鉄道」で深セン・広州に行く | マニアック香港 & 深セン

深圳駅から広州東までの和諧号に乗り込む 広深線和諧号のチケットです。 高鉄に比べると半分強くらいの時間で受け取れるという印象です。 詳しいことは、のページに記載しています。 エアポートエクスプレスは前売り割引チケットをKKdayで購入するのがオススメです。 (ビルの中を歩くので、雨に濡れることはありません。

Next

広深港高速鉄道が開通 香港から深セン、広州や中国主要都市へのアクセスが格段に良くなる|ライフはゼロじゃない

なお、香港・広州間を走る直通列車の時刻表は、2018年10月現在、次のとおりです。 海から見た香港西九龍駅(中央左寄りのドーム状の建物)。 私は席が空いていて予約できれば一等車を使っています。 そして中国国鉄の深圳駅は左に見えていて、中国各地と列車で結ばれています。 開通したばかりの高速鉄道に広東省側だけ乗って、深圳の空港から飛行機で戻るそうだ。

Next

中国本土⇔香港の高速鉄道で適用されるのは?【ニュース検定】池上彰

退屈だ。 iPhoneの場合、地域を中国に設定しないとダウンロードできない模様。 高速鉄道の香港側の西九竜駅に、内地、つまり中国本土の税関職員らが業務を行う区域がある。 高速鉄道にも飛行機のように手荷物の重さの制限があるが、本土からのお客さんはそれを知らず、職員に注意されてもめるケースも相次いだようだ。 出口通路が空港での国際線到着時のルートさながらに分割されているため、一般旅客の波に揉まれることなく外へ出られるというメリットもある。 この企業は香港地下鉄や九広鉄路、これから乗る広深港高速鉄道の香港区間をも運営し、まさに香港を代表する交通事業者である。 15元(約240円)=2018年9月23日、G6551車内、吉岡桂子撮影 次の駅で、茶髪のヤンキー風の若者が隣の席に座った。

Next