行政 手続 法。 行政手続法の目的は?法令、処分、申請、不利益処分等の意義

e

不利益処分の手続き これは特定人に対し、何らかの不利益を与える処分を行う場合の手続きを規定したものです。 第39条第4項、第43条第5項 Q28 匿名で意見を提出することはできますか? A 匿名で意見を提出することも可能です。 前項の公示に関し必要な事項は、総務大臣が定める。 弁明の機会の付与は簡単に言い訳をきくやり方。 一方、 「努力義務」とは「~するように努めなければならない」とされたもので、 絶対とは言わないけど、なるべくできるようにしようなー、ということです。

Next

総務省|行政手続|行政手続法Q&A

行政手続法の5条は次のように規定しています。 「行政手続法」が役立つ場面3)「行政指導」を受けた時 「行政指導」とは、役所が特定の人や事業者などに対して、ある行為を行うように、または行わないように、「指導」「勧告」「助言」などの方法で具体的に求める行為で、「処分」まではいかないものをいいます。 なぜなら、国民にとって行政を相手に行政救済制度を利用して自らの権利利益を守るために行動することは、大変な負担となるからです。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説. 命令等制定機関は、命令等を定めた後においても、当該命令等の規定の実施状況、社会経済情勢の変化等を勘案し、必要に応じ、当該命令等の内容について検討を加え、その適正を確保するよう努めなければならない。 行政法総論(行政法の一般的な法理論) ・補助機関・執行機関・監査機関・参与機関・諮問機関とは? ・許可・特許・認可の違い ・不可争力・不可変更力とは... (標準処理期間) 第六条 行政庁は、申請がその事務所に到達してから 当該申請に対する処分をするまでに 通常要すべき標準的な期間(法令により当該行政庁と異なる機関が 当該申請の提出先とされている場合は、 併せて、当該申請が当該提出先と されている機関の事務所に到達してから 当該行政庁の事務所に到達するまでに 通常要すべき標準的な期間)を定めるよう 努めるとともに、 これを定めたときは、これらの当該申請の 提出先とされている機関の事務所における備付け その他の適当な方法により 公にしておかなければならない。 4 主宰者は、聴聞の期日において必要があると認めるときは、当事者若しくは参加人に対し質問を発し、意見の陳述若しくは証拠書類等の提出を促し、又は行政庁の職員に対し説明を求めることができる。 )並びに国又は地方公共団体の財産及び物品の管理について定める命令等(国又は地方公共団体が財産及び物品を貸し付け、交換し、売り払い、譲与し、信託し、若しくは出資の目的とし、又はこれらに私権を設定することについて定める命令等であって、これらの行為の相手方又は相手方になろうとする者に係る事項を定めるものを除く。

Next

行政法:行政手続法とは-簡単法律講座

ただし、当該理由を示さないで処分をすべき差し迫った必要がある場合は、この限りでない。 前項本文に規定する処分を書面でするときは、同項の理由は、書面により示さなければならない。 上の表が頭に入っているだけで、多くのパターンに対応できますから、しっかり覚えてしまいましょう。 イ 事実上の行為及び事実上の行為をするに当たりその範囲、時期等を明らかにするために法令上必要とされている手続としての処分 ロ 申請により求められた許認可等を拒否する処分その他申請に基づき当該申請をした者を名あて人としてされる処分 ハ 名あて人となるべき者の同意の下にすることとされている処分 ニ 許認可等の効力を失わせる処分であって、当該許認可等の基礎となった事実が消滅した旨の届出があったことを理由としてされるもの 五 行政機関 次に掲げる機関をいう。 (例外もあります) 【参考】行政手続法8条1項 行政庁は、申請により求められた許認可等を拒否する処分をする場合は、申請者に対し、同時に、当該処分の理由を示さなければならない。 この場合の理由はあとで提示することになります。

Next

行政手続法

第四章の二 処分等の求め 第三十六条の三 何人も、法令に違反する事実がある場合において、その是正のためにされるべき処分又は行政指導(その根拠となる規定が法律に置かれているものに限る。 )をいう。 2 前項の規定により公示する命令等の案は、具体的かつ明確な内容のものであって、かつ、当該命令等の題名及び当該命令等を定める根拠となる法令の条項が明示されたものでなければならない。 しかし、できれば事前に適正な行政活動が行われるべきです。 「反抗」とはどういうのを指すのか,その解釈をどうするのかをちゃんと決めておいてくれないと困りますよね。

Next

行政手続法とは?わかりやすく解説

申請が不許可になった場合 残念ながら申請が不許可になってしまった場合には、再挑戦のためにも理由を教えてもらいたいという場合が多いでしょう。 この場合においては、当該公示の後遅滞なく、当該提出意見を当該命令等制定機関の事務所における備付けその他の適当な方法により公にしなければならない。 )は、命令等を定めるに当たっては、当該命令等がこれを定める根拠となる法令の趣旨に適合するものとなるようにしなければならない。 命令等制定機関は、命令等を定めようとする場合において、三十日以上の意見提出期間を定めることができないやむを得ない理由があるときは、前条第三項の規定にかかわらず、三十日を下回る意見提出期間を定めることができる。 )がする処分及び行政指導並びに金融商品取引の犯則事件に関する法令に基づいて証券取引等監視委員会、その職員(当該法令においてその職員とみなされる者を含む。

Next

行政法:行政手続法とは-簡単法律講座

第14条• )において、当該委員会等が意見公募手続に準じた手続を実施したときは、同条第一項の規定にかかわらず、自ら意見公募手続を実施することを要しない。 そのため、行政手続法の対象でありながら一定の行政作用や地方公共団体に よる措置については、適用除外とされています。 (意見公募手続の周知等) 第四十一条 命令等制定機関は、意見公募手続を実施して命令等を定めるに当たっては、必要に応じ、当該意見公募手続の実施について周知するよう努めるとともに、当該意見公募手続の実施に関連する情報の提供に努めるものとする。 なお、上記(1)の「聴聞の手続」と比較してその内容が軽い不利益処分を対象とする手続であるため、口頭で意見を述べることや、不利益処分の理由となる事実を証明する資料などの閲覧が認められていません。 イ 事実上の行為及び事実上の行為をするに当たりそのを明らかにするために法令上必要とされている手続としての処分 ロ 申請により求められた許認可等をその他申請に基づき当該申請をした者を名あて人としてされる処分 ハ 名あて人となるべき者のにすることとされている処分 ニ 許認可等の効力を失わせる処分であって、当該許認可等のがあったことを理由としてされるもの 五 次に掲げる機関をいう。 主宰者は、聴聞の期日において必要があると認めるときは、当事者若しくは参加人に対し質問を発し、意見の陳述若しくは証拠書類等の提出を促し、又は行政庁の職員に対し説明を求めることができる。 特に,「 公正の確保」と「 透明性の向上」というキーワードは要チェックですよ! 2 規定内容 次に,行政手続法の規定内容についてです。

Next

【行政手続法】地方公共団体の機関は行政手続法の適用を受ける?受けない?

なお、Q2のAのように、地方公共団体が行う行政指導については、行政手続法が適用されません。 標準処理期間• 「行政手続法」が役立つ場面5)「地方公共団体」の役所の手続きをする時 「行政手続法」は国の行政機関だけでなく、地方公共団体の行政機関でも当然に適用されます。 これを受けて、ほとんどの自治体では 「行政手続条例」が定められています。 また、もう一つ覚えておいてほしいのが「行政手続法」と「地方公共団体」との関係です。 )は、代理人を選任することができる。 届出に必要な書類がそろっている、定められた様式で届出が記入されているなど、法令が定める形式上の要件を満たす届出が提出先とされている役所に届いたときは、「届出をする」という手続上の義務は完了したことになります。 届出 次に「届出」、これは行政庁に対し一方的に事項を通知する行為であって、行政側に何かを求める行為ではありません、 基本的には• 「不利益処分」についても、役所は具体的な基準を定めて公開し、処分の際には理由を説明し、処分対象者の言い分を聞く「聴聞手続」や「弁明手続」などを行う義務があります。

Next

【行政手続法】不利益処分

国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの• )は、代理人を選任することができる。 命令等制定機関は、委員会等の議を経て命令等を定めようとする場合(前条第四項第四号に該当する場合を除く。 五 当該不利益処分の性質上、それによって課される義務の内容が著しく軽微なものであるため名あて人となるべき者の意見をあらかじめ聴くことを要しないものとして政令で定める処分をしようとするとき。 三 申請 法令に基づき、行政庁の許可、認可、免許その他の自己に対し何らかの利益を付与する処分(以下「許認可等」という。 2 次の各号のいずれかに該当する者は、聴聞を主宰することができない。 第一項並びに第一項(前条において読み替えて準用する場合を含む。

Next