コロナ ウィルス 真実。 マスコミでは絶対、言えない「新型コロナウィルスの真実」に迫る!タブーの日赤の売血ビジネスも!徳島大学名誉教授で免疫生物学専門の大橋眞(まこと)医学博士へのインタビュー! 文字起こし|StudioRing|note

【中国が隠す恐ろしい現実】コロナウィルス・本当の死亡者数の真実・街には殺人部隊も【動画あり】

毎日のように、新しい感染者が発表される新型コロナウイルス肺炎。 Be careful everyone. 新型コロナウイルスについては現在、テレビ,Twitter,YouTube,チェーンメールなど、様々な情報に多くの人がアクセスすることができ、情報過多となっている状態です。 ではコロナウイルスは、どのようにして人間をターゲットにするのでしょうか? 以下は、イギリスの総合学術誌『ネイチャー』に掲載された論文です。 もともと新型コロナウィルスが広がり始めたのは「中国の武漢」で間違いはありません。 リンク 🇨🇳武漢肺炎🦠 住民から、病気の家族がいると密告された。 私の告発はここまでです。 かなりエラーがでると思うんですね 今回のサンプルは本当に汚いサンプルでやっているので どんな配列が同位でつながるか?どんなものが出ているかわからない状態だと思いますよ それをまあ何とかつないだとなっているんですが これが本当に信用できますか?ということなんですね でーこの彼らの遺伝子をWHOがCovid19と名前をつけて、もう教科書みたいにしちゃったんですよ これが世界のスタンダードになっちゃったんですよ H: その遺伝子配列 O: えー 遺伝子配列 中国のグループが決めた遺伝子配列がです これ誰も検証していないんですよ実は H: え?! O: 正しいかどうかは? H: 普通検証しますよね? O: 検証しないんです。

Next

新型コロナ「バイオ兵器説」の裏に隠された真実とは どこか不自然、“噂”の否定に躍起になる中国当局(1/5)

こうした伝染病の流行や天変地異は、「神意」に気づくまで続くという。 』『1秒もムダに生きない』 以上が光文社新書 、『感染症は実在しない』 集英社インターナショナル 、『「患者様」が医療を壊す』 新潮選書 、『主体性は教えられるか』 筑摩選書 、『インフルエンザ なぜ毎年流行するのか』 KKベストセラーズ など著書多数。 さらに攻撃力が強くて、この新型の人工ウイルスをマウスに感染させる実験をしました。 新型コロナウイルスに対する恐怖からしたことに、大統領は激怒していると報じられていて、2月26日には、不要な警戒を広めたメディアのせいだと主張した。 信じたら、貯金を盗む計画だから。

Next

中国のサイトTencentが新型コロナウィルスの真実の感染者数データを誤って公開?

どちらも本当だろう。 Larry Kudlow claims on CNBC that everything is absolutely fine after the head of CDC says Americans should prepare for the coronavirus to spread: "We have contained this. 約200人いて、マトモな評論家は皆無。 ネット上では一時期、初期の重症患者41人に絞った「致死率15%」とある特定家族の親族間に限った「感染率83%」という情報が広がった。 6%だった。 コロナウィルスは人災というのは、 実はインフルエンザよりも軽い風邪の ような症状しか示さない人が大半なの に、マスコミや政府などが、必要もない のに新型コロナウィルスの恐怖を 煽って、私たちの生活や健康に時に 致命的なほどの害が与えられて いるというのが真相だったという事が 書かれているわけです。 MS社なのに意外。

Next

新型コロナウイルスの真実を「霊査」 感染拡大の背景と「対策」は?

それが、今回のコロナウイルスの死亡者としてカウントされるのでしょうか? 非情極まりないですね。 AFPは「2010年ロックフェラー計画書」自体が無いと否定しているが、pdfのにもハッキリ書いてある。 また、彼が今回何か新しいことを後出しジャンケンで提言したという論調もあるようですが、ほぼ全て何年も前から彼が発言し、書籍に記していることであり、実は何も新しいことは主張していません。 2月、日本のNEWSはクルーズ船一色。 つまりマスクでは、ウィルスは防げない 上に、安全にウィルスの侵入を防ぐ マスクなどつくれないというのが真実 だったという事です。 もちろんアメリカ人は壁画をみんな見て知ってましたが、意味に気付いたのは今年です。

Next

コロナウィルスが嘘である決定的な証拠20選

アメリカの乗っ取りに警戒してるから世界一?政治に詳しいロシア人は 「コロナなんて無い。 メディア、特に民放テレビのワイドショーでも、コメンテーターや医師などが不正確な医療情報を根拠に恐怖を煽る場面が見られる。 恐らく今までに彼の本を読んできた読者や専門の医師にとっては既知の内容がほとんどですし、難しく専門的な内容と私が感じた部分は一切ありません。 経済の専門知識をもとにどうすればいいのかについて述べさせていただきます。 しかも今回の新型コロナワクチンは、 これまでのワクチンとは比べようも ないくらい危険なものになるという 情報もかなり多くあり、世界中で そのように認識している人も、かなり 多いのです。 (何しろ東大サマだからな、まんまと信じろ)」、「イギリスでも猫コロナ」 「コロナ感染で肺にウイルス到達すれば命に関わる恐れ」 、、「妊娠中にコロナで母子感染」 「無事出産しても胎盤に異常。 「正常な民主主義」の条件. 文章は武漢ウイルスが生物戦であることを暗示し、「生物戦というこつの文字は消えることはない」 「原爆は強いでしょう。

Next

「新型コロナは全人類抹殺のため中国が作った生物兵器」日本人医師が断言! 治療法なし、ウイルスは体内に永遠に残る!

しかもまた私の貼り付けた画面では 読みづらい、 緑地白抜き文字の部分に書かれて いるところも、書いて説明 しなければなりませんね。 なかには100万近く再生されているものもあり、過度の不安を煽るもの、中国人への憎悪感情や排斥を煽るものもある。 インフルエンザの注意は、今回の新型コロナウイルスも感染症対策の基本としては同じなので、インフルエンザと同様の対策をお忘れなく、というところです。 また、科学誌「Nature」のニュース記事(2017年2月23日付)では、米ラトガース大学の分子生物学者リチャード・エブライト氏が、過去に北京の実験施設から何度もSARS(重症急性呼吸器症候群)ウィルスが漏洩していたと警鐘を鳴らしている。 「正しい情報というのは、やはり公的な機関が責任をもって出している情報です。 これは医療崩壊だ」という論調が一貫して支配的だった。 ただ、一人ひとりが冷静になり、事実に基づいて行動しないと、病院のキャパシティが崩壊し、武漢のような「医療崩壊」が起こる可能性もゼロではない。

Next

マスコミでは絶対、言えない「新型コロナウィルスの真実」に迫る!タブーの日赤の売血ビジネスも!徳島大学名誉教授で免疫生物学専門の大橋眞(まこと)医学博士へのインタビュー! 文字起こし|StudioRing|note

下記のような仮説も成り立つのではないでしょうか。 この人たちは重症化のリスクが高いですから、早く治療して、早く調子をよくした方がいいです。 大量の感染者、死者が出てしまいました。 ただ、情報公開が進まない中、その真偽は分からないままだ。 確実なのは感染すると体中に異変が起きることだ!多くの臓器に広がって様々な症状。 検索エンジンの隠蔽ぶり Google検索 上位は、ワクチン推奨記事ばかり。

Next