岡山 地底 湖 行方 事件。 地底湖で大学生が行方不明になった事件

『岡山地底湖行方不明事件』事件詳細が怖い!白米美帆・伊藤智子の現在は?

噂では、 「大学生が悪ノリで酔った部員を死なせてしまい、就職や風評を怖れ隠蔽を図り追求から逃げ続けただけの事件ではないか」とも言われている。 なぜ救助活動も行わず、男子学生1人を置き去りにして脱出してしまったのでしょうか。 陣頭指揮を執った秋山吉由副隊長は「勇気と誇りを忘れず、本当に頑張ってくれた」と関係者の労をねぎらう。 過酷だった連日の捜索も田村警部補は「隊員として当たり前のことをしたまで。 男子大学生の遺体は結局見つからず、事故だったのかどうか真相はわからないままでした。

Next

「岡山地底湖行方不明事件」白米美帆・伊藤智子のその後と現在・事件の詳細

残された4人は洞窟を出て救助を要請し、県警機動隊や岡山大学ケイビングクラブなどがゴムボートを出すなどして数日間捜索にあたったが、名倉さんを発見できないまま捜索は打ち切りとなった。 新見市では新見市内の鍾乳洞に入る際に 入洞届の提出を義務づけております。 この合宿は例年いくつかの大学で持ち回りで行っていて、西日本の各大学の探検部、山岳部等が集まるでかい大会だ。 ただ、事件がほとんど動かなかったので、どうしようもなかったわけです。 そして物を投げる人々は大体いつもと同じくらいの比率だった。 いろいろな理由や動機、目的などが判明していなのにもかからわずあまりにも不自然な打ち切りだったのです。 通常であれば、洞窟内での事故死で片付けられるべき案件だと言えます。

Next

学生たちにいったい何が!?岡山地底湖行方不明事件

三鷹ストーカー殺人事件とは? この「三鷹ストーカー殺人事件」とは、2013年10月8日の午後16時53分頃、 […]• 考えられることは、地底湖には湖面からは分からない支流の穴が水面下に空いており、ちょうど名倉祐樹さんが到達したあたりに支流に吸い込まれる急流が発生していたのかもしれません。 「学探」関係者のブログの記事の一部です。 この事件は、2010年4月28日午前0時に時効が成立してしまうハズだったが、2010年4月27日の刑事訴訟法と刑法の改正案成立により、時効成立を免れた最も古い殺人事件である。 ちなみに参照元のブログを運営なさっている方は最深部の地底湖に到達したらしく画像をアップなさっております。 wikiによると、岡山地底湖行方不明事件が発生した当時、学術探検部の顧問を務めていた教授のコメントでは、「学術探検部の活動内容は、川に生息する生物の生態を調べたり化石の発掘を目的に活動していたサークル」と語られています。 井の頭公園バラバラ殺人 井の頭公園バラバラ殺人というのは 1994年4月23日に発覚したバラバラ殺人事件。 結局、事の顛末を正直に話し、ネット上で炎上していることも考慮して警察は単なる事故である、として処理した。

Next

2008年 岡山地底湖不明事件の真相。秘坂鐘乳穴(日咩坂鐘乳穴)で高知大学生の失踪事件

不明の男子学生は、計5人で午前11時半ごろから洞穴に入り、午後2時半ごろ、 着衣のまま遊泳している最中、行方がわからなくなったという。 6kmほど奥にある地底湖に到着した。 その間はわずか20秒あまりであった。 この記載を確認した発見者が「探検サークル部長の白米美帆ではないか」といった内容のコメントを送信したところ、その情報が記載された記事は即座に非公開となりコメント欄も閉鎖されました。 地底湖は入口から片道3時間もかかる奥地にあり、洞窟の幅も人1人がやっと通れる狭さで途中には首まで水につかる難所もあったようだ。

Next

【未解決】岡山地底湖行方不明事件の概要と不可解な謎!真相を考察

名倉祐樹さんのSNSに登録されていた友達の中から、白米美帆の登録がなくなりました。 さらに警察は拘束されていた少女たちを保護した後、早期の段階で犯人が『自害』したことを前提に捜査が突然打ち切られてしまったのです。 それにもかかわらず、名倉祐樹さんが行方不明になった後、サークルメンバーはあっさり名倉祐樹さんの救出を諦めています。 そもそも、この探検部は普段から素行が悪かったとの話もあり、事件の日にも天然記念物である洞穴内で飲食をしていただとか、男女数人が裸になって騒いでいた、といった状態だったのだとか。 atwiki. 高知大学の洞窟探検サークルの男子学生1名が、洞窟内最深部の地底湖で溺れ、行方不明になったのです。 岡山行方不明事件 ある大学の洞窟探検サークルが、 5人で地底湖に探索に出かけた。 しかし多くの事実や詳細が隠蔽された上、公表された数少ない情報にも不可解な点がいくつもありました。

Next

岡山地底湖行方不明事件の真相!白米美帆の現在&いじめの謎まとめ!

発見時、夫の腹部には包丁が刺さったままの状態になっており、妻も胸などに数ヶ所の刺し傷があり、2人とも頭部が無い状態になっていた。 救助活動を行わず現場に誰も残さないまま全員帰ってきた• 現在、日咩坂鐘乳穴は入洞を禁止されていますが、事件が発生する以前は日咩坂鐘乳穴神社による案内板が設置されていました。 不可解な事件 この事件、単なる行方不明事件や事故として片づけるには、あまりにも不可解な点が多いことがネットを中心に話題になりました。 捜索活動打ち切り報道後の名倉祐樹さんの「mixi」 行方不明になって5日以上経っているにもかかわらず、なぜか「 最終ログインは5分以内」と表示されています。 引用: 岡山地底湖行方不明事件は、2008年1月5日に当時大学3年生で21歳だった名倉祐樹さんが日咩坂鍾乳穴の奥にある地底湖で行方不明となり、現在も消息不明の事件になります。 鍾乳洞へと到着したメンバー達は、腹ばいにならないと通れない狭い場所や、断崖絶壁のようなルートを進み、およそ3時間かけて事件の起きた地底湖へと到着。

Next

未解決事件 岡山県編

恐らく、ネットで炎上する騒ぎになったのは被害者のが何者かによって改ざんされたからでしょう。 このように、1つの真相を歪めてしまうと真相が全て闇に葬られてしまい、白米美帆らに岡山地底湖行方不明事件が一生つきまとうことになるのです。 また、 取り調べに関する供述も曖昧さが見られています。 捜索には経験豊富な大学OBらも同行した。 実際、2014年に諏訪洞でボロボロの衣服が発見されたとの情報もあるようですが、こちらについては明確なソースが無く、その後の続報もないようですので、デマの可能性が高そうです。

Next