インテル 対 サッスオーロ。 3失点を悔やむコンテ「もっと良い結果に値した」【インテル対サッスオーロ】

延期のユベントス対インテル戦は3月8日開催が正式決定。無観客試合で

イタリア政府は4月3日まで国内のスポーツイベント全てを無観客で開催することを4日に決定している。 この決定は、「レガ・セリエAが開催する全試合は、DPCMにより設けられた2020年4月3日まで、また政府方針の変更が実施されるまでの間無観客試合として開催される」というFICGステートメントによるものだ。 ルカクとラウタロはシーズン前半のサッスオーロ戦の得点者でもあり、両選手ともセリエAで初のドッピエッタを記録した:ルカクとラウタロは今季6試合で共に得点者リストに名を連ねている。 サッスオーロのCEOジョヴァンニ・カルネヴァーリ氏が10日、地元メディア『Ceramicanda』のインタビューに応じ、インテルにレンタル中のMFステファノ・センシの去就について言及した。 エリクセンのパスをボックス右で受けたシュクリニアルがボガに倒された。 L・マルティネスやバレッラ、デ・フライらがベンチスタートとなり、サンチェスやボルハ・バレロらがスタメンとなった。

Next

インテル、サッスオーロとの打ち合いは痛恨3

2002年、当時にいたクラブをメーカーのが買収する。 両チームによる過去 13 試合のうち引き分けに終わったのはわずか 1 試合( 2019 年 1 月、 0-0 )のみで、その他はネラッズーリの 5 勝とサッスオーロの 7 勝となっている。 CEOジョルジョ・スクインツィは、2002年に4部相当のセリエC2にいたクラブを買収しました。 ローン移籍2年目の2014-15シーズンは、33試合8得点を記録するなど、主力選手として成長した。 ムリージョが浮き球の処理をミスし、カバーしてこぼれたボールを追ったミランダがペナルティエリア内でドゥフレルともつれる形で倒れてしまう。 (コロナの影響により)評価額が下がるかもしれないが、我々の選手たちに限ってはあり得ない。

Next

インテル対サッスオーロ戦に関するデータ

2010• サッスオーロは今季リーグ戦で勝点 32 を獲得している。 2007-08シーズンにはで優勝。 シュクリニアルは昨季終盤、レギュラーポジションを失い、決勝に進出したヨーロッパリーグではチームに貢献できなかった。 サッスオーロはセリエ A での直近 6 失点中 5 失点を試合前半に記録しているが、それに対してリーグ直近 7 得点中 6 得点を後半に決めている。 脚注 [ ]• その後はインテルが圧倒的に攻めたてたが追加点は奪えない。 ビラーギにも「7」をつけている。

Next

インテル対サッスオーロ戦:今夜の試合について

今回は元イングランド代表MFアシュリー・ヤングがインテルで決めた最初のゴールだ。 インテルでのレンタル期限は6月末に迫る。 ウイング時代からの精度の高いクロスに加え、守備力も備えたヤングは、堅実なプレーでインテルでは再び活躍を見せているが、その記念すべき初ゴールは、2020年2月16日に行われた、セリエA第24節のラツィオ戦で決めたゴールだった。 2019年1月23日閲覧。 一方のサッスオーロは押し込まれる時間が長かったものの21分にビッグチャンスを作る。 追い上げたいインテルであったが、50分にまたもや失点。

Next

延期のユベントス対インテル戦は3月8日開催が正式決定。無観客試合で

2019年7月3日閲覧。 クラブ史上初めての昇格を果たした。 得点を許さない。 出場停止またはイエローカード 4 枚 出場停止 インテル:なし サッスオーロ:マルロン 出場停止まであとイエローカード 1 枚 インテル:コンテ(監督)、ダンブロージオ、ベシーノ サッスオーロ:ベラルディ、ジュリチッチ、マニャネッリ、オビアング、ペルーゾ. 3日前に行われた延期分のサンプドリア戦を2-1と勝利した3位インテル 勝ち点57 は、サンプドリア戦のスタメンから5選手を変更。 ヤングがボックス内に侵入してきたムルドゥルを倒してしまった。 それでも40分、インテルがPKを獲得する。

Next

USサッスオーロ・カルチョ vs インテル 今シーズンの対戦成績

昨シーズン第26節終了時点での同チームの勝点数は今季より1ポイント少ない31ポイントだった。 その後ブレシアに反撃を許したものの、試合には2-1で勝利している。 その後、徐々にポジションを下げ、SBやWBとしてプレーするようになったヤングは、安定感のあるプレーでチームに貢献しキャプテンも務めたが、2020年1月にインテルに加入している。 選手名 3 8 17 9 22 28 32 34 36 No. ユナイテッド行きの機会は僕にとって魅力的で、子供の頃に好きなクラブだったから、ナイスなものだった」 「で、何が起こっているのかをあまり把握せず、サインしてしまった。 サッカーキング 2016年1月14日. 20分、味方ディフェンダーからの鋭いロングフィードにマウロ・イカルディがオフサイドラインぎりぎりで抜け出す。

Next