かみ ひと え 四 千 頭 身。 うえつふみ 宗像本

四字熟語一覧表

さらに五行思想と習合して「と」は水、「ほ」は火、「かみ」は木、「ゑみ」は金、「ため」は土を表すとされる。 (がけいしゅうじゅく)• 夜明けの御用つとめかし。 古人の糟魄 (こじんのそうはく) 伝え残された聖賢のことばや著書のこと。 涌谷は日本で初めて金を産出した所として有名です。 (おんなはさんがいにいえなし)• (いちじゅういっさい)• ケの御用大切ぞ。

Next

「生」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

悪神の守護となれば自分で正しいと思ふ事、悪となるのざぞ。 (えんがんだいひ)• (かしょばんきん)• 類語: 「」、「」、「前門に虎を防ぎ後門に狼を進む」、「」 ここばかりに日は照らぬ (ここばかりにひはてらぬ) 太陽が照っているのはここだけではない。 また、堅固で揺るぎないさまをいう。 功名を竹帛に垂る (こうみょうをちくはくにたる) 歴史にその名を残すたとえ。 ただ、この桃に古事記のような名は無い。 (おさきぼうをかつぐ)• 紅毛碧眼 (こうもうへきがん) 赤茶色の髪の毛と青緑色の眼。 發足 (ほつそく)も翌 (あす)としいへば、よろづに暇 (いとま)あらずとも、親 (おや)の墓 (はか)へも参詣 (さんけい)し、又 (また)瀧野川 (たきのかは)の辨才天 (べんざいてん)へも、参 (まゐ)り給へかし」といふ。

Next

四、 綾部の参籠 (六)

大らかでさっぱりしている状態。 神の子ぞ、みたみぞ今の、この幸になく。 (そこつわたつみのかみ)• (たかおかみ) また、軻遇突智を斬った時に、その血がそそいで天八十河(あめのやそのかは)の河原の多くの岩々を染めた。 (あきのひはつるべおとし)• (いしんでんしん)• そとには くにの れいに まかせて てんしょうだいじん くまのさん とうを あおぎ まいらせ たまい しかども. 此の 功徳を もてる 人 一閻浮提に 有るべしや. (あしをあらう)• 類語: 「」 巧取豪奪 (こうしゅごうだつ) あの手この手で巻き上げる。 定めて 聖人の 国に あるを あだむか. ひと、ふた、み、よ、いつ、むゆ、なな、や、ここノ、たり。 剛毅木訥 (ごうきぼくとつ) 強い心と毅然たる態度で、しかも飾り気のない木訥とした人物は、本当にえらいということ。 (えいかはつがい)• 一方から拝むだけの宮は我れよしの宮ぞ。

Next

祝詞・その他

また、文章が他から抜きん出て優れるようす。 これは折句よりもさらに手の込んだ技巧です。 加えて、豊年の瑞兆(ずいちょう)とされる雪が降っている。 (あけてくやしいたまてばこ)• 尾張の仕組みも型早く出してくれよ。 天地も、極まり泣かん、この時にして。 子を棄つる藪はあれど身を棄つる藪はなし (こをすつるやぶはあれどみをすつるやぶはなし) 人は困窮して最愛の子を捨てることはあっても、自分の身を捨てることは出来ない。 (かいりょくらんしんをかたらず)• (えびでたいをつる)• (いくどうおん)• 「き」で始まる四字熟語• (かなえのけいちょうをとう)• されば件 (くだん)の障 (さゝはり)を、穩便 (おんびん)に除 (のぞか)ん事、容易 (ようゐ)にはなしかたし。

Next

『神』の読み方・書き順・部首・熟語・ことわざ・慣用句・故事成語

(えんとうのいっかつ)• 虎渓は江西省の盧山にある谷の名。 (おもうねんりきいわをもとおす)• ヘブルびとがあなたがたに 仕 つか えたように、あなたがたが 彼 かれ らに 仕 つか えることのないために、 男 おとこ らしく 戦 たたか え」。 同意語: 「恒産恒心」 類語: 「」、「」 高山流水 (こうざんりゅうすい) 高い山と流れる水。 また、いつまでも物を大切に保管すること。 六月十七日、あめのひつ九のか三。

Next

うえつふみ 宗像本

いま にほんこくの こぞことしの だいえきびょうは なんとか こころうべきなり. 或は 師師に 問い 或は 主主に 訴へ 或は 傍輩に かたり. よりて番作 (ばんさく)も父 (ちゝ)と共 (とも)に、一旦 (いつたん)結城 (ゆふき)に籠城 (ろうぜう)したり。 (かつもまけるもときのうん)• 二十五柱 役員ぞ。 ) ここにありて 筑紫(つくし)やいづち 白雲の たなびく山の 方(かた)にしあるらし 大伴旅人(4・五七四) (ここ奈良にあって、筑紫はどちらの方角だろう。 非常に賢くて理解の早いたとえ。 金剛不壊 (こんごうふえ) 非常に堅く、決してこわれないこと。 (いっちょういっせき)• (おにのそらねんぶつ)• (かりるときのじぞうがおなすときのえんまがお)• 類語: 「ホメロスだって居眠りの失策」、「」、「」、「 権者 ( ごんじゃ )にも失念」、「」、「釈迦も経の読み違い」、「」、「」 弘法は筆を択ばず (こうぼうはふでをえらばず) 本当の名人上手は、どんな道具でも立派に使いこなすということ。 はるか遠くに見さだめながら、小さな声でつぶやいた。

Next