ロマンス 原田 知世。 原田知世が見つめる現在 年齢に合った美しさを大切に

ロマンス【アナログシングル】

春本番はもう間近。 1994年に手がけたThe Cardigansの楽曲が世界的に大ヒットすると、その後はBONNIE PINKやカジヒデキ、レミオロメン、つじあやのといった、数々の日本人アーティストもプロデュースしてきた。 すべて• すべて• 1982年のデビュー以来、女優と歌手の両方で活躍を続けている原田知世。 ビッグバンド(スコア)• ゴスペル• ギタータブ• いちょう並木のセレナーデ 10. 教則・音楽理論• 合唱/ボーカル• ミュージックベル. 合唱(女声4部)• お手数ではございますが、以下の推奨環境、または端末からのご利用をお試しください。 弦楽アンサンブル四重奏• フルスコア• オカリナ• 今作「ロマンス」のオリジナル・ヴァージョンは、カーディガンズ等を手掛けたスウェディッシュ・ポップのヒット・プロデューサー、トーレ・ヨハンセンのプロデュースにより、今から20年前の1997年1月アルバム『I could be free』の先行シングルとしてリリースされた。 別々の配送をご希望の場合は、商品ごとにご注文ください。

Next

ロマンス

ときめきのアクシデント(1982年) 7. すべて• 誠に申し訳ございませんが、お客さまがご利用の環境、または端末から本サービスをご利用いただくことはできません。 夢のゆりかご• テナーサックス• 天国にいちばん近い島(1984年) 6. ハーモニカ• の登場週数は11週、チャート最高順位は週間39位、累計6. 合唱(混声6部)• 原田:そうですね、あの空間がすごく素敵だったので、それ以降はアットホームな雰囲気の中で音楽を作るようになっていきました。 ビッグバンド(スコア+パート譜)• 配送に関するご注意 ・ 分割配送には対応しておりません。 今回、新ヴァージョンのプロデュース及びアレンジを務めたのは、2007年以来タッグを組んでいるギタリスト/作曲家の伊藤ゴローだ。 デビュー35周年記念プロジェクト第一弾。 そのサウンドは現在も色あせることなく、毎年春先になるとラジオ等で頻繁にオンエアされている。

Next

「原田 知世」の楽譜一覧

2017年にデビュー35周年目を迎えた原田知世が、自身の代表曲「ロマンス」を再レコーディングし、5月10日にシングルとしてリリースすることが発表された。 カップリングは、「ロマンス」と同じアルバム『I could be free』で発表された「愛のロケット」のセルフ・カヴァー。 器楽合奏• 作詞: 原田知世、作曲: Ulf Turesson、編曲: Tore Johansson• なお同作は、6月14日に初回プレス完全限定生産として7インチ・アナログでのリリースも決定している。 今回デビュー35周年を迎えて、ファンの皆様への感謝の気持ちを込めて、伊藤ゴローさんのプロデュースとアレンジで新たにセルフ・カヴァーしました。 その他• 音圧というか声の厚みがあって、「ああ、すごく理想の声を作ってくれた」って思ったんですよね。 ジェシー・ハリス(『恋愛小説』より) 14. ホルンソロ• 今回のセルフ・カヴァーについて、原田知世からコメントも寄せられている。 スウェーデンのアーティストなのに、日本人の心に引っかかるメロディーだったり、懐かしさや温かさを感じたりして。

Next

【中古:盤質AB】 ロマンス : 原田知世

弦楽器• 1999年9月22日リリースのアルバム『a day of my life』には、リメイク・ヴァージョンが収録されている。 すべて• ちょっと息の要素を多く出すような感じで、これまでと違った声に聞こえたんですね。 SWEET MEMORIES 12. ベース• 品質には万全を期しておりますが、万一、破損や汚れ、お届け違いなどございましたら、商品到着後7日以内に[]よりご連絡ください。返品交換方法をご連絡いたします。 ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ(1983年) 5. その他• 合唱(同声3部)• 日に日に暖かさを増す陽射しの中で、私の新しい「ロマンス」を感じていただけたら幸いです。 ロマンス(1997年) 3. メロディ• チェロ• フルスコア• すべて• デュオ• 弾き語り• パート• 合奏・伴奏• デビュー35周年目を迎えた今年、90年代の歌手・原田知世を代表するナンバー「ロマンス」を再レコーディングしました。 ベイビー・アイム・ア・フール 11. 夏に恋する女たち 6. すべて• 管楽器• だから両方とも大事にしたいです。 Giving Tree(『eyja』より) 7. 関連チケット情報 2020年9月26日 土 会場:新宿文化センター 大ホール(東京都). 10代の頃は大人の敷いたレールの上をひた走ってきた彼女が、20代になり自分の足で歩もうとした当時から、現在に至るまで、インタビューで振り返った。

Next

原田知世、デビュー35th記念し代表曲をセルフカバー『私の新しい「ロマンス」を感じていただけたら』

あと、まだ彼が日本のアーティストを手がけたことがなかった時期なので、興味を持ってくださったのかと思います。 合唱(児童合唱)• 合唱(混声4部)• その他弦楽器• すべて• その他• ユーフォニアム• パート• その他• ドラム• 原田知世は、このシングル発売以降も年内にかけてデビュー35周年記念プロジェクトを展開する予定だという。 自分たちの生活と、音楽、仕事の境界線がない、そんなスウェーデンならではの環境で生まれているサウンドだったんです。 メーカーインフォメーションより. 1990年代スウェディッシュポップブームの立役者といわれるトーレ・ヨハンソンは、スウェーデン在住の音楽プロデューサー。 FINE(『eyja』より) 6. 合唱(混声3部)• 夢の人(『恋愛小説』より) 13. すべて• 少し下の世代の人たちが、女優としてではなく歌手として私のことを知ってくれるきっかけになった『I could be free』は、自分の中でもすごく特別な作品です。 あらためて聴いてみて、トーレさんのところに行ってよかったとすごく思います。

Next

【中古:盤質AB】 ロマンス : 原田知世

すべて• コード譜• 合唱(その他)• c Hideaki Hamada 1982年のデビュー以来、女優と歌手の両方で活躍を続けている原田知世。 オリジナル・ヴァージョンは、スウェディッシュ・ポップのヒット・プロデューサー、トーレ・ヨハンセンのプロデュースにより、今からちょうど20年前の1997年1月22日に、アルバム『I could be free』の先行シングルとしてリリースされました。 ウクレレ• 空と糸 -talking on air-(2002年) 9. 原田知世自身による恋するときめきを描いた歌詞と、疾走感のある爽やかなサウンドが絶妙にミックスし、当時日本で流行していた渋谷系ムーヴメントを代表するナンバーにもなりました。 生活と仕事が地続き。 イフ・ユー・ウェント・アウェイ 7. ロマンス• 名前が知りたい(『noon moon』より) 12. クレジット 以下のカードブランドがご利用いただけます。 1982年のデビュー以来、女優と歌手の両方で活躍を続けている原田知世。

Next

原田知世が見つめる現在 年齢に合った美しさを大切に

ロマンス -INSTRUMENTAL- 脚注 [ ]. トランペット• ソプラノサックス• バイオリン• エレクトーン• アンサンブル• ブルースハープ• そのほか、ドキュメンタリー番組等のナレーションを担当するなど幅広く活動している。 ギター• 原田知世、デビュー35周年記念プロジェクト第一弾。 原田知世[MainArtist], Tomoyo Harada[Vocals], Goro Ito[Acoustic Guitar], Goro Ito[Tambourine], Goro Ito[Programming], Goro Ito[Recording Arranger], Goro Ito[Producer], Eiichi Sawado[Piano], Masayasu Tzboguchi[Hammond B3], Masayasu Tzboguchi[Keyboards], Keisuke Torigoe[Electric Bass], Midorin[Drums], Yusuke Orita[Trumpet], Junnosuke Fujita[Alto Saxophone], Junnosuke Fujita[Baritone Saxophone], Yoko Ito[Percussion], Pinaso[Whistle], Aya Ito[Violin], Yuya Yanagihara[Violin], Shouko Miki[Viola], Takahiro Yuki[Cello], Taiji Okuda[StudioPersonnel], Taiji Okuda[Recording Engineer], Taiji Okuda[Mix Engineer], Satoshi Yoneda[StudioPersonnel], Satoshi Yoneda[Recording Engineer], Tomoyo Harada[Author], Ulf Turesson[Composer] 原田知世[MainArtist], Tomoyo Harada[Vocals], Goro Ito[Electric Guitar], Goro Ito[Programming], Goro Ito[Recording Arranger], Goro Ito[Producer], Masayasu Tzboguchi[Keyboards], Keisuke Torigoe[Electric Bass], Midorin[Drums], Yusuke Orita[Trumpet], Junnosuke Fujita[Tenor Saxophone], Taiji Okuda[StudioPersonnel], Taiji Okuda[Recording Engineer], Taiji Okuda[Mix Engineer], Satoshi Yoneda[StudioPersonnel], Satoshi Yoneda[Recording Engineer], Tomoyo Harada[Author], Tore Johansson[Composer] 原田知世[MainArtist], Goro Ito[Acoustic Guitar], Goro Ito[Tambourine], Goro Ito[Programming], Goro Ito[Recording Arranger], Goro Ito[Producer], Eiichi Sawado[Piano], Masayasu Tzboguchi[Hammond B3], Masayasu Tzboguchi[Keyboards], Keisuke Torigoe[Electric Bass], Midorin[Drums], Yusuke Orita[Trumpet], Junnosuke Fujita[Alto Saxophone], Junnosuke Fujita[Baritone Saxophone], Yoko Ito[Percussion], Pinaso[Whistle], Aya Ito[Violin], Yuya Yanagihara[Violin], Shouko Miki[Viola], Takahiro Yuki[Cello], Taiji Okuda[StudioPersonnel], Taiji Okuda[Recording Engineer], Taiji Okuda[Mix Engineer], Satoshi Yoneda[StudioPersonnel], Satoshi Yoneda[Recording Engineer], Tomoyo Harada[Author], Ulf Turesson[Composer] 原田知世[MainArtist], Goro Ito[Electric Guitar], Goro Ito[Programming], Goro Ito[Recording Arranger], Goro Ito[Producer], Masayasu Tzboguchi[Keyboards], Keisuke Torigoe[Electric Bass], Midorin[Drums], Yusuke Orita[Trumpet], Junnosuke Fujita[Tenor Saxophone], Taiji Okuda[StudioPersonnel], Taiji Okuda[Recording Engineer], Taiji Okuda[Mix Engineer], Satoshi Yoneda[StudioPersonnel], Satoshi Yoneda[Recording Engineer], Tomoyo Harada[Author], Tore Johansson[Composer]. ピアノ• 春のそよ風のように爽やかなナンバーで、現在も春先になるとラジオで頻繁にオンエアされています。 コード• 予約商品と通常商品を一緒にご注文された場合は、予約商品の発売日にまとめてお届けいたします。 。 イベント情報 原田知世『L'Heure Bleue』リリース・ツアー2019 2019年11月17日(日) 会場:大阪府 東大阪市文化創造館 Dream House 大ホール 2019年11月19日(火) 会場:東京都 渋谷 Bunkamura オーチャードホール• なのでいまは自分の声が好きになりました。 「このサウンドが原田さんの声と合うと思うから、トーレ・ヨハンソンさんにオファーしてみませんか」と当時のレコード会社のディレクターの方が勧めてくれたこともあり、自分のアルバムを送ったのがはじまりです。

Next

ロマンス/原田知世

大正琴• 1982年のデビュー以来、女優と歌手の両方で活躍を続けている原田知世。 初めて訪れたときに車で迎えに来てくださった方もミュージシャンでしたし、事務的なこともすべて自分たちでやっていました。 バックを固めるバンドは、近年レコーディングやツアーを共にしている信頼するミュージシャンたちです。 合唱(男声4部)• ビッグバンド(パート)• 90年代の代表曲のひとつである「ロマンス」を、発売から20年目にセルフ・カヴァー! オリジナル・ヴァージョンは、スウェディッシュ・ポップのヒット・プロデューサー、トーレ・ヨハンセンのプロデュースにより1997年1月22日にシングル発売。 本人にその理由を聞いたことはありますか? 原田:私の声を気に入ってくださったということでした。 ドント・ノー・ホワイ feat. ギタリスト・作曲家の伊藤ゴローをメインプロデューサーに迎えて制作してきたここ10年の、ナチュラルかつ深みを感じさせるヴォーカルの魅力が存分に味わえる作品となっている。

Next