小さな 惑星 歌詞。 小さな惑星 歌詞『King Gnu』

【King Gnu/小さな惑星】歌詞の意味を徹底解釈!なぜ「小さな」惑星なのか。

歌手: 作詞: 作曲: ずっと夢を見ていたいのに 決まった時間に今日も 叩き起こされるんだ 大きな欠伸くらい許してよ 酸素が足りずに今日も 産声をあげているんだ 小さな惑星の いつもの街角の 何気ない陽だまりの中で 凍った愛が静かに溶け出したんだ 街から仄かに春の匂いがした 結局何処へも行けやしない僕らは 冬の風に思わずくしゃみをした 終わらない歌を 歌っているんだ 意味のない日々に 何を恐れてるのか 鳥たちは無心で飛んでゆく ただただ空の青に 魅せられてしまったのか 同じ夢を見たんだ 在り来たりな夢だったと あなたがふっと笑うから 凍った愛がみるみる溶け出したんだ 心の奥底に春の風が吹いた 次第に綻びボロが出てきたとして まあそれも別にいいかと くしゃみをして笑い合うのさ ずっと夢を見ていたいのに 決まった時間に今日も 叩き起こされるんだ 大きな欠伸くらい許してよ 酸素が足りずに今日も 産声をあげているんだ. 知らず知らずのうちに「本当の欲求」を諦めているのではないでしょうか。 。 しかし窮屈な社会だからこそ、人々が寄り添い「温かさ」を感じることができるのです。 作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta ずっと夢を見ていたいのに 決まった時間に今日も 叩き起こされるんだ 大きな欠伸くらい許してよ 酸素が足りずに今日も 産声をあげているんだ 小さな惑星の いつもの街角の 何気ない陽だまりの中で 凍った愛が静かに溶け出したんだ 街から仄かに春の匂いがした 結局何処へも行けやしない僕らは 冬の風に思わずくしゃみをした 終わらない歌を 歌っているんだ 意味のない日々に 何を恐れてるのか 鳥たちは無心で飛んでゆく ただただ空の青に 魅せられてしまったのか 同じ夢を見たんだ 在り来たりな夢だったと あなたがふっと笑うから 凍った愛がみるみる溶け出したんだ 心の奥底に春の風が吹いた 次第に綻びボロが出てきたとして まあそれも別にいいかと くしゃみをして笑い合うのさ ずっと夢を見ていたいのに 決まった時間に今日も 叩き起こされるんだ 大きな欠伸くらい許してよ 酸素が足りずに今日も 産声をあげているんだ zutto yume wo mi te itai noni ki maxtu ta zikan ni kyou mo tata ki o kosa reru n da oo kina akubi kurai yuru si teyo sanso ga ta ri zu ni kyou mo ubugoe wo age te iru n da tii sana wakusei no itumo no matikado no nanige nai hi damari no naka de koo xtu ta ai ga sizu ka ni to ke da si ta n da mati kara hono ka ni haru no nio i ga si ta kekkyoku doko he mo i ke ya si nai boku ra ha huyu no kaze ni omo wazu kusyami wo si ta o wara nai uta wo uta xtu te iru n da imi no nai hibi ni nani wo oso re teru no ka dori tati ha musin de to n de yuku tadatada sora no ao ni mi se rare te simaxtu ta no ka ona zi yume wo mi ta n da a ri ki tari na yume daxtu ta to anata ga hutto wara u kara koo xtu ta ai ga mirumiru to ke da si ta n da kokoro no okusoko ni haru no kaze ga hu i ta sidai ni hokoro bi boro ga de te ki ta to si te maa sore mo betu ni ii ka to kusyami wo si te wara i a u no sa zutto yume wo mi te itai noni ki maxtu ta zikan ni kyou mo tata ki o kosa reru n da oo kina akubi kurai yuru si teyo sanso ga ta ri zu ni kyou mo ubugoe wo age te iru n da. サビ2 凍った愛がみるみる溶け出したんだ 心の奥底に春の風が吹いた 次第に綻びボロが出てきたとして まあそれも別にいいかと くしゃみをして笑い合うのさ ニュアンスとしてはサビ1とほどんど同じ。 考察中では触れませんでしたが、散々遠まわしに 「人間愛の素敵さ」を説いたにも関わらず 「次第に綻びボロが出てきたとして」と、愛は恒久的ではないことを意味する歌詞をさりげなく入れてきているのは、常田さんらしいなと勝手に感じました。

Next

小さな惑星 歌詞『King Gnu』

これこそ人類愛の象徴なのではないか。 こんなに寂しい恋だと知ってたら あなたを好きにならなかったのに 一瞬でも そんな事思った私は 誰よりも きっと 弱虫だったね 夕焼けがほら 赤く染まって あなたの街にまで続いてく 今日も 明日も もっともっと近くにいてね ずっとずっと離れていても 繋いでいてね 私のこと 何処にいても忘れないで もっともっと 近くにいてね ずっと きっと もっと 優しくなりたいな 会えない夜でも 心は私のそばで 電話のキス 一ヵ月後の約束 それだけで強くなれる気がしたのに 不安な気持ち 抑えきれなくて わがままに 涙流れていったの 夜の空に 小さな星が あなたと私を繋いでゆく 今日も 明日も もっともっと近くにいてね ずっとずっと離れていても 切なくても 苦しくても あなただけを想ってるよ もっともっと 近くにいてね ずっと きっと もっと 守ってあげたいな 会えない夜でも 心はあなたのそばに どれだけ言葉並べたら あなたに届くだろう 二人を邪魔する距離に負けないように いつでも あたしを離さないで もっともっと近くにいてね ずっとずっと離れていても 繋いでいてね 私のこと 何処にいても忘れないで もっともっと 近くにいてね ずっと きっと もっと 優しくなりたいな 会えない夜でも 心は私のそばで. 歌詞を追っていきましょう。 「小さな惑星」の歌詞には 小さな惑星だからこそ感じれる愛情。 窮屈な社会を愛していくしかないか。 とコメントを残しています。 ただ大きく違うのは「思わずくしゃみをした」と締められるサビ1に対して、サビ2は 「くしゃみをして笑い合うのさ」というフレーズで終わりを迎える。

Next

【King Gnu/小さな惑星】歌詞の意味を徹底解釈!なぜ「小さな」惑星なのか。

鳥たちは無心で飛んでゆく ただただ空の青に 魅せられてしまったのか 同じ夢を見たんだ 在り来たりな夢だったと あなたがふっと笑うから 「悩むのが無駄!」 と理屈では解った主人公ですが、やはり心の奥底では「窮屈な社会」に対するうんざりを隠し持っている。 この発表があったのは11月でしたので、これからの季節とは「冬」から「春」になっていく季節感のことを指しています。 CEREMONYの中で1番の爽やかさを感じさせる本楽曲と、都会の街を颯爽と駆け抜けていくVEZEL車の疾走感が絶妙にマッチしている。 小さな惑星の いつもの街角の 何気ない陽だまりの中で この 「陽だまり」という 暖色カラーの言葉が、上記の歌詞で述べられていたネガティブ要素まみれの小さな惑星をポジティブ要素に切り替えようとしています。 感想 楽曲が持つ爽やかさに負けずと、前向きな歌詞が素敵すぎました。

Next

King Gnu Overflow 歌詞

そう思わせるように仕向けたのではないか。 さてこの 温かみに溢れたサビを解釈していきましょう。 というより当たり前に居てくれる存在をまずは大切にしたいなと。 終わらないとあるのは、社会の中で生活する人間である以上、1番で述べられたような苦悩は一生ついて回るものであるし、サビ1で述べたような人間愛もついて回るものだからでしょう。 」と諦めて、「空」から「あなた」に視点を切り替えるのです。

Next

奥華子 小さな星 歌詞

私たちが生きている社会は決して「自由」とは言い難い。 だから歌詞では 「凍った愛が静かに溶けて行く」と、 小さな惑星だからこそ起こる奇跡が描かれているのでしょう。 きっと歌詞中の「あなた」は 広義的な愛する者の象徴 なのでしょう。 しっかり後述していく歌詞に関与してきます 最後に余談ですが、HONDAのCMと言えば、これまで 米津玄師、ONE OK ROCK、Suchmos、Nulbarich、 SIRUPなど、日本のアーティストが多く起用されており、とにかく 「選曲がお洒落」だと定評があります。 と感じています。

Next

小さな惑星 歌詞『King Gnu』

またKing Gnuは本楽曲の作成にあたって これからの季節感、疾走感を意識して作らせていただきました。 それに気付かされるメッセージ性が隠されていたのです。 だから主人公は自由を象徴する鳥を眺めながらも 「まあ仕方がない。 空に羽ばたくための大いなる風を待ち望むのもいいが、まずは心に吹いてくれている春の風を感じることが大切なのだ。 自分の葛藤を 「悩むだけ無駄!」だと感じたからこそ 「意味のない日々に何を恐れてるのか」と前向きな言葉が歌詞で綴られていくのでしょう。

Next

King Gnu 小さな惑星

スポンサーリンク 歌詞 ずっと夢を見ていたいのに 決まった時間に今日も 叩き起こされるんだ 大きな欠伸くらい許してよ 酸素が足りずに今日も 産声をあげているんだ 小さな惑星の いつもの街角の 何気ない陽だまりの中で 凍った愛が静かに溶け出したんだ 街から仄かに春の匂いがした 結局何処へも行けやしない僕らは 冬の風に思わずくしゃみをした 終わらない歌を 歌っているんだ 意味のない日々に 何を恐れてるのか 鳥たちは無心で飛んでゆく ただただ空の青に 魅せられてしまったのか 同じ夢を見たんだ 在り来たりな夢だったと あなたがふっと笑うから 凍った愛がみるみる溶け出したんだ 心の奥底に春の風が吹いた 次第に綻びボロが出てきたとして まあそれも別にいいかと くしゃみをして笑い合うのさ ずっと夢を見ていたいのに 決まった時間に今日も 叩き起こされるんだ 大きな欠伸くらい許してよ 酸素が足りずに今日も 産声をあげているんだ 作詞作曲:常田大希 私は圧倒的にあります。 これは完全に考えられた意図で 「凍った愛が静かに溶ける」という歌詞は、まさに情景全体が温かみを持つイメージと重なります。 1番のAメロで述べられていたネガティブな情景を重なるのですが、 「結局どこにも行けない」とあるように、私たちは窮屈な社会で生きていかなければならない。 書き下ろし楽曲としては文句のつけようがないのではないでしょうか。 私たちもきっとそうですよね。 だが「愛がない社会」とも言い難い。

Next

小さな惑星 歌詞『King Gnu』

サビ1 凍った愛が静かに溶け出したんだ 街から仄かに春の匂いがした 結局何処へも行けやしない僕らは 冬の風に思わずくしゃみをした 氷が溶けて行くように、歌詞に温かみが出てきます。 ずっと夢を見ていたいのに 決まった時間に今日も 叩き起こされるんだ 大きな欠伸くらい許してよ 酸素が足りずに今日も 産声をあげているんだ 小さな惑星の いつもの街角の 何気ない陽だまりの中で 凍った愛が静かに溶け出したんだ 街から仄かに春の匂いがした 結局何処へも行けやしない僕らは 冬の風に思わずくしゃみをした 終わらない歌を 歌っているんだ 意味のない日々に 何を恐れてるのか 鳥たちは無心で飛んでゆく ただただ空の青に 魅せられてしまったのか 同じ夢を見たんだ 在り来たりな夢だったと あなたがふっと笑うから 凍った愛がみるみる溶け出したんだ 心の奥底に春の風が吹いた 次第に綻びボロが出てきたとして まあそれも別にいいかと くしゃみをして笑い合うのさ ずっと夢を見ていたいのに 決まった時間に今日も 叩き起こされるんだ 大きな欠伸くらい許してよ 酸素が足りずに今日も 産声をあげているんだ zutto yume wo miteitai no ni kimatta jikan ni kyou mo tataki okosarerun da ookina akubi kurai yurushite yo sanso ga tarizu ni kyou mo ubugoe wo ageterun da chiisana wakusei no itsumo no machikado no nanige nai hidamari no naka de kootta ai ga shizuka ni tokedashitan da machi kara honoka ni haru no nioi ga shita kekkyoku doko e mo ike ya shinai bokura wa fuyu no kaze ni omowazu kushami wo shita owaranai uta wo utatteirun da imi no nai hibi ni nani wo osoreteru no ka toritachi wa mushin de tonde yuku tadatada sora no ao ni miserarete shimatta no ka onaji yume wo mitan da arikitari na yume datta to anata ga futto warau kara kootta ai ga mirumiru tokedashitan da kokoro no okusoko ni haru no kaze ga fuita shidai ni hokorobi boro ga dete kita to shite maa sore mo betsu ni ii ka to kushami wo shite waraiau no sa zutto yume wo miteitai no ni kimatta jikan ni kyou mo tataki okosarerun da ookina akubi kurai yurushite yo sanso ga tarizu ni kyou mo ubugoe wo ageterun da. 歌詞考察を終えたうえで楽曲から感じたことは、遠く広がる空の大きさに憧れるのもいいけど、小さな惑星の中にある些細な幸せに目をやるのもいいものだということ。 。 。 。 。

Next