大阪 広域 環境 施設 組合。 【工場見学中止】大阪広域環境施設組合 舞洲工場(大阪府大阪市此花区)

【工場見学中止】大阪広域環境施設組合 舞洲工場

システム稼働日 土曜日・日曜日・祝日及び12月29日から翌年の1月3日を除く日 電子入札システムの導入について 電子入札システム関係規定等 名称 年月日 令和元年10月1日 令和元年10月1日 令和元年10月1日 令和元年10月1日 お問合せ先 大阪広域環境施設組合 総務部経理課 TEL:06-6630-3349. 導入の経緯 6つの焼却工場の下見を徹底し計量機器メーカーのシステムとの連携を実現 同組合では以前から、6工場の運営の効率化に取り組んでいましたが、その一環として、自動計量システムの導入についても検討を始めました。 244• 250• 269• 外観だけでなく高性能な処理設備を備えており、周囲一帯が緑に覆われた森となるようプランニングが行われ環境への配慮もされている。 一方、国においては、「ごみ処理における多様な課題に対応するため、可能な限りごみ処理施設を集約化し広域的に処理することによって、公共事業のコスト縮減を図る必要がある」とされており、こうした3市のごみ処理体制における課題や国の方針等を踏まえて、大阪市、八尾市、松原市で協議を重ねた結果、一部事務組合を設立する運びとなりました。 325• 202• 295• 274• また、守口市の加入に伴い、令和元年10月1日より、組合名称も大阪広域環境施設組合に変更し、令和2年4月1日より、4市での共同処理が開始されることとなります。 施設見学の予約は10日前までにインターネット受付。 284• 大阪広域環境施設組合議会議員名簿 氏名 所属会派 選出区 岡田 妥知(おかだ やすとも) 維新 都島区 大内 啓治(おおうち けいじ) 維新 此花区 東 貴之(ひがし たかゆき) 維新 西区 出雲 輝英(いずも てるひで)[] 維新 大正区 大橋 一隆(おおはし かずたか) 維新 鶴見区 丹野 壮治(たんの しょうじ) 維新 阿倍野区 吉見 みさこ(よしみ みさこ) 維新 平野区 有本 純子(ありもと じゅんこ) 自民 中央区 西川 ひろじ(にしかわ ひろじ) 自民 城東区 多賀谷 俊史(たがや としふみ) 自民 住吉区 加藤 仁子(かとう よしこ) 自民 東住吉区 西崎 照明(にしざき てるあき)[] 公明 旭区 中田 光一郎(なかた こういちろう) 公明 住吉区 永井 広幸(ながい ひろゆき) 公明 平野区 井上 浩(いのうえ ひろし) 共産 住吉区. 外観だけでなく高性能な処理設備を備えており、周囲一帯が緑に覆われた森となるようプランニングが行われ環境への配慮もされている。

Next

「大阪広域環境施設組合」への名称変更について

245• 令和2年8月26日現在 役職 氏名 選出市 選出市の議会における所属会派 岡田 妥知 大阪市 大阪維新の会 大内 啓治 大阪市 大阪維新の会 監査委員 東 貴之 大阪市 大阪維新の会 出雲 輝英 大阪市 大阪維新の会 大橋 一隆 大阪市 大阪維新の会 丹野 壮治 大阪市 大阪維新の会 吉見 みさこ 大阪市 大阪維新の会 有本 純子 大阪市 自由民主党・市民クラブ 西川 ひろじ 大阪市 自由民主党・市民クラブ 多賀谷 俊史 大阪市 自由民主党・市民クラブ 議長 加藤 仁子 大阪市 自由民主党・市民クラブ 西﨑 照明 大阪市 公明党 中田 光一郎 大阪市 公明党 永井 広幸 大阪市 公明党 井上 浩 大阪市 日本共産党 山中 宏 八尾市 新声 五百井 真二 八尾市 公明党 谷沢 千賀子 八尾市 日本共産党 中田 靖人 松原市 自由民主党 副議長 河本 晋一 松原市 まつばら未来 松本 満義 守口市 公明党 福西 寿光 守口市 守口未来会議. さらに、全ての工場の搬入の状況がリアルタイムで把握できるようになったことで、ある工場の混雑をすぐに把握し、早急な対応ができるようになりました。 270• 251• 207• 搬入者がICカードを入口の読み取り装置にかざし、車両の重さを計量すると、収集運搬事業者名、ごみの種類、車両重量が自動で記録されます。 369• 導入の背景 70種類以上の搬入票を用いて行っていた 搬入車両の計量業務を自動化する 同組合は、大阪市、八尾市、松原市の家庭や事業所から排出される年間約100万トンの一般廃棄物を6つの焼却工場で処理しています。 311• また、守口市においては、老朽化が進んでいるごみ焼却施設の整備・運営方針を検討した結果、本組合への参画が最適との検討結果を取りまとめ、各構成市の議会承認を経て、令和元年5月28日に大阪府より組合規約変更許可申請の許可を受け、令和元年10月1日より、新たな構成市として本組合に加わることとなりました。 305• 出口で再度、車両を計量すると、搬入されたごみの量が自動記録される仕組みです。

Next

【工場見学中止】大阪広域環境施設組合 舞洲工場

さらに、災害など緊急時の搬入変更にも対応できるシステムを約10カ月という短期間で導入するのは、想像以上に困難だと感じました」(吉岡氏)。 279• AIを活用した解析など、富士通マーケティングからの新たな提案に期待しています」(蓑田氏)。 354• 273• 環境問題への関心が高まる中、環境省の「低炭素社会実現のための都市間連携事業」などにも協力。 ごみ処理の仕組みを学べる見学では、一般ごみを処理する焼却施設などはもちろん、ごみ焼却時に発生した蒸気を再生エネルギーとして利用する設備なども見られる。 297• 259• 吉岡氏は、「これまでは、複数の職員が搬入票により手作業で計量作業をしていました。 同組合では、焼却工場における自動計量システムの入札を実施。

Next

大阪広域生コンクリート協同組合

208• 331• 大阪広域環境施設組合議会の議員 大阪広域環境施設組合議会の議員は構成市である大阪市、八尾市、松原市、守口市の議会の議員から選出されています。 (平成29年4月10日事業者が京都府へ提出)• 277• (平成30年1月9日事業者が京都府へ提出)• 237• 「6工場の搬入状況を見える化し、どの工場でどれだけ処理できるのかをリアルタイムに把握する仕組みが必要でした」(蓑田氏)。 当組合の事業目的は、ごみ処理施設及びリサイクルプラザを建設し適正に管理運営することにより、ごみ処理施設から排出される有害物質等による環境負荷を現状より低下させ、地域環境や地球環境改善に貢献するとともに、一般廃棄物の安定的かつ適正な処理及びリサイクルを行い、循環型社会の構築に寄与することです。 278• ICカード読取装置では、車両の大きさによって運転席の高さが異なることにも配慮した設計とするなどの検討をしました。 246• 同組合 事務局長の蓑田 哲生氏は、「アジア諸国などに当組合の取り組みを紹介し、各国・地域での環境問題の解決を支援しています」と説明します。

Next

焼却施設

< R01. 228• 京都府知事意見 (平成30年7月4日京都府が事業者へ提出) 準備書に関する手続• 関係市長意見(枚方市) (平成30年5月7日枚方市が大阪府へ提出)• 蓑田氏は、焼却工場自動計量システムの導入により、「どの地域から、どんな種類のごみが、どれだけ排出されたのか、データ化して集計できるようになりました」と説明。 一方、同組合では、国や府の要請により、災害時に発生する他自治体からの災害ごみも受け入れています。 342• 329• 262• さらには、搬入票を各市に発送する作業もあり、「業務のさらなる効率化が必要でした」(吉岡氏)。 266• 同組合の施設部施設管理課課長の吉岡 愼二氏は、「ごみの搬入は、半月ごとの搬入計画と、ごみなどの種類に応じて70種類以上にもなる搬入票で管理していました」と説明します。 253• めまぐるしく変化する社会において、人々のライフスタイルも大きく変貌しております。 241• 搬入からごみ集積場に廃棄、退出までに要する時間が短縮されています」(豊島氏)。

Next

「焼却工場自動計量システム」導入事例(大阪市・八尾市・松原市環境施設組合 様) : 富士通マーケティング

また、システムをクラウドで導入したことのメリットも感じています。 305• 284• 225• 「工場によっては搬入待ちの列ができているところもありましたが、待ち時間が改善されました。 今では、以前の約半分の人員で業務を実施できるなど業務効率が大幅に向上し、その分、人手が足りない他の業務に人員を充当することができました」と効果を説明します。 204• 「どの事業者がどの種類のごみをどれだけ搬入したか」を、職員が搬入票を仕訳け・集計し、データ入力して管理していました。 大阪広域環境施設組合では、年2回の定例会を開会しています。

Next