フール プルーフ。 フェイルセーフとフールプルーフ

安全設計手法(フールプルーフ/フェイルセイフ)のキーワード解説記事 安全設計手法 (その2)フールプルーフ

フォールトトレラント Fault Tolerant• これも機能の話。 5 アーカイブ• そのため、現場で起こりうる誤動作やミス、故障から生まれる危険を予め想定し、環境整備や設計の段階において、事故を防止するための対策を組み込むことが必要なのです。 フェールソフト(Fail Soft) 障害発生時、機能を縮小してでも 稼働継続を優先する設計思想。 これは、システムが絡まない例えですが雰囲気はわかると思います。 ネットワークサーバーも全く同じサーバーを2台用意しておき、片方が故障した場合にもう一台にフェールオーバーさせる構成のものもあります。

Next

フールプルーフ(ふーるぷるーふ)

この5つを覚えてしまえば、もう10のF用語はマスターです。 フェールセーフ(Fail Safe) 障害発生時、 安全を優先してシステムを移行する設計思想。 例えば、扉を閉めないと加熱できない電子レンジ、正しい方向からでないと差し込めないカードやプラグ類、レギュラーガソリンとハイオクで形状の異なるガソリンスタンドの給油ノズル(米国の例)などがフールプルーフに当たる。 フェイルセーフが、ミスをしても安全な方向へ動作するのに対し、フールプルーフは誰が扱っても安全で、そもそもミスができないようにする仕組みのことを言います。 しかし、設計思想に違いがあります。

Next

フールプルーフとは?

正常に機能するかどうか定期的な点検も必要になります。 先に述べた事故の事から、自分は足場の組まれた建物のそばを通らないと申しました。 ちなみに子供にティッシュを持たせないのも、前提条件でダメ。 特に全自動トイレはいかん。 したがって、複数のクラウドを利用しようなんて言う発想もフェイルセーフかもしれません。 具合が悪いとき、集中力が低下しているときもあります。 乗客の中からケガ人が出てしまうでしょう。

Next

仕事でケアレスミスを犯さないようにするための工夫~フールプルーフとは~

3ステップメソッドに従えば、まず優先すべきは危害の程度を低減することです(多くの場合、フールプルーフによって危害の程度を低減することはできません)危害の程度を十分に低減することは、難しいことが多いのが現実です。 しかも「フール」と「フォール」に関しては1つだけです。 現在でも、フェールセーフの質を高めるための工夫を続けているのです。 フールプルーフ設計では「人間は間違えるものである」「よく分かっていない人が取り扱うこともある」という前提に立ち、誤った使い方をしても利用者や周囲の人を危険に晒したり、機器が破損したり、致命的な事態や損害を生じさせないような構造に設計する。 「操作ミスを起こしても、事故にならない」と言う 設計です。 機械装置やシステムは必ず故障するという前提に立った設計思想• 相手にしない、またはそういうトラブルが起きそうな場所に近寄らない。 そこでお互い少しだけ使える英語に「フォールバック」して会話します。

Next

フールプルーフとは?

バカが管理画面を触ってもいいように、削除ボタンはユーザーインターフェースの中でもすごく遠ざけておいて、しかも一度押してもおどろおどろしい確認画面を表示し、それでも念押しし、みたいな作りにしなければいけないということですね。 フェール3兄弟はフェールが起きた後の話、つまり フェールが起きることが前提の話です。 「縮退運転」ともいう。 ティッシュをハードケースにして水洗いしても飛び出さないようにする・・、というのは子供が嫌がりそうですし、そんなに水をはじくハードケースなんてあるのでしょうか。 153• これはフェールセーフ的考え方なのです。 ・信頼性を改善する為に、計画的に負荷を定格値 から軽減する設計方式。 似たような言葉なので、情報処理試験でも度々出題されますね。

Next

フールプルーフ(ふーるぷるーふ)

ちゃんと説明書読むようにします。 「故障が発生しても、安全側に作動する」と言う 設計です。 名前が似てるだけじゃなくて、考え方だったり機能の話だったりするのが紛らわしい。 書面で確認するよりも現場で生の声を聞いたほうがより的確な手法で安全を高めることができます。 日本のモノづくりの技術が世界中で信頼されているのも、この「フェイルセーフ」と「フールプルーフ」といった安全確保における考え方を追求し、具現化されているからこそでしょう。 あえて思想的に言うなら「フェールオーバー可能設計」といったところでしょうか。

Next

フェイルセーフとフールプルーフ~意味の違いと事例

あえて危険を冒すメリットが全くないものには、近づかない事。 フールプルーフ(Fool Proof) ユーザが誤った操作をしても、安全に稼働させる設計思想。 フェールセーフ Fail Safe• 落とすと割れてしまう高価なものを、あえて高いところに設置しない。 設計思想の中には入っていませんが、従業員たちへの注意喚起や教育も同じくらい大切なものになるでしょう。 フォールバック Fall Back 似た言葉ばかりで見るだけで頭が混乱してきますね。 defect• おわりに 個人的には「フールプルーフ」っていう名前に技術者側の感情が乗ってて好きです。 スイッチ周りに挽き豆が入り込む構造であったことが原因のようです。

Next