デジタル 手続 法。 「デジタル手続法案」概要とガイドラインが定める行政手続の本人確認レベル

e

備考:この法律の正式名称は、ヘッダータイトルの通りであるが、当該正式名称のバイト数が記事名の上限を超え、記事名が付けられないため、この記事の名称については、内閣官房等において用いられた略称である「デジタル手続法」を用いた。 (民間手続における情報通信技術の活用の促進のための環境整備等) 第十五条 国は、民間手続における情報通信技術の活用の促進を図るため、契約の締結に際しての民間事業者による情報提供の適正化、取引における情報通信技術の適正な利用に関する啓発活動の実施その他の民間事業者とその民間手続の相手方との間の取引における情報通信技術の安全かつ適正な利用を図るために必要な施策を講ずるものとする。 「国、、民間事業者、国民といった様々な立場の者が、あらゆる活動において、情報通信技術の便益を享受できる社会が実現されるようにする」という文言を目的規定に入れた点はとても良いと思う。 2 機構は、特定利用者証明検証者から前項の求めがあったときは、総務省令で定めるところにより、特定利用者証明検証者証明符号の提供を行うものとする。 このデジタル手続法の内容は、下記の二つだ。 3 液化石油ガス販売事業者は、前二項の規定による書面の交付(再交付を含む。 第百八十五条の十二第一項を削り、同条第二項中「前項」を「、情報通信技術を活用した行政の推進等に関する法律(平成十四年法律第百五十一号)第三条第九号」に改め、「処分通知等」の下に「であつてこの節又は内閣府令の規定により書類の送達により行うこととしているもの」を、「事務を」の下に「、同法第七条第一項の規定により同法第六条第一項に規定する」を、「当該事項を」の下に「当該」を加え、同項を同条とする。

Next

[デジタル手続法] 成立

(附票本人確認情報の保護) 第三十条の四十四の十二 前章第四節(第三十条の三十七から第三十条の三十九までを除く。 )を受けて行うものを含む。 第三条第二項中「前項の規定」を「前項の電子情報処理組織を使用する方法」に、「を書面等により行うものとして規定した申請等に関する」を「に関する他の」に、「規定する書面等」を「規定する方法」に改め、「みなして、」の下に「当該法令その他の」を加え、同条第三項中「規定」を「電子情報処理組織を使用する方法」に、「同項の」を「当該申請等を受ける」に改め、同条第四項中「第一項の場合において、行政機関等は、」を「申請等のうち」に、「より」を「おいて」に、「としているもの」を「が規定されているものを第一項の電子情報処理組織を使用する方法により行う場合には、当該署名等」に改め、「かかわらず、」の下に「電子情報処理組織を使用した個人番号カード(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成二十五年法律第二十七号)第二条第七項に規定する個人番号カードをいう。 (特定非営利活動促進法の一部改正) 第五十三条 特定非営利活動促進法(平成十年法律第七号)の一部を次のように改正する。 第三章に次の三条を加える。 <感想>• 5 前二項の規定は、情報システム整備計画の変更について準用する。

Next

e

手続等はどのように変わりますか 前田 はい。 4 前項の規定は、特定利用者証明検証者から特定利用者証明検証者証明符号の電子計算機処理等の委託(二以上の段階にわたる委託を含む。 旧法では法律で別表化していたのに、に落としていますので、旧法よりも後退していると評価できるのでは?まあ毎回国会にかけるのは時間的にも手続的にも大変なのはわかりますが、旧法より後退していてデジタルファーストっていうのはどうなのかなって思います。 ただし、これには適用除外があります。 そういう場合が全体の何割ぐらいなのか、そういう場合によって国民の利便性が著しく阻害されていないか、行政の著しい不効率を生んでいないかを検討していく必要があります。

Next

デジタルファースト法案/デジタル手続法案の逐条解説と感想

デジタル化に関する基本原則 デジタル化に関する基本原則は、前述のとおり利用者の利便性を上げ、行政の業務効率を向上させることです。 第十一条第二項ただし書を削る。 e-Govの利用に比べ、操作性の点から、こちらを利用するケースが増加しています。 第十条第一項中「行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律」を「情報通信技術を活用した行政の推進等に関する法律」に、「第二条第二号」を「第三条第二号」に改める。 )であって主務省令で定めるもの 」を「 厚生労働大臣 労働者災害補償保険法による給付の支給に関する情報(以下「労働者災害補償関係情報」という。 第二十一条の三中「から第三項まで、」を「及び第二項、」に改める。

Next

逐条解説 デジタル手続法 デジタル・ガバメント|地方自治、法令・判例のぎょうせいオンライン

民間事業者と行政機関等との連携(14条) <解説>• 以下この項において単に「行政機関等」という。 )の整備及び当該外部連携機能に係る仕様に関する情報の提供 六 行政機関等による情報システムの共用の推進に関する事項 七 その他情報システムの整備に関する事項 3 内閣総理大臣は、情報システム整備計画の案を作成し、閣議の決定を求めなければならない。 以下この条において同じ。 基本原則はびしっときれいに整理したいところですね。 また、オンライン化可能となった手続きを現場の実務に導入するためには、所管府省が事務要領を発出する必要もあります。

Next

逐条解説 デジタル手続法 デジタル・ガバメント|地方自治、法令・判例のぎょうせいオンライン

)を受けて行う」を削り、「事務」の下に「(署名検証者等の委託(二以上の段階にわたる委託を含む。 (財政法の一部改正) 第十一条 財政法(昭和二十二年法律第三十四号)の一部を次のように改正する。 第四十条中「図形等」を「図形その他の」に、「次条第一項」を「同条第一項」に改め、第五章中同条を第三十九条とし、第四十一条を第四十条とする。 この場合において、同条第二項及び第三項中「申請者」とあるのは「届出者」と、「申請書」とあるのは「届出書」と、同条第五項中「前項の規定による記録をしたときは、総務省令」とあるのは「総務省令」と、「申請者」とあるのは「届出者」と、「申請書の内容及び署名利用者検証符号」とあるのは「届出書の内容」と、同条第八項中「申請書の内容及び署名利用者検証符号の通知並びに第六項の規定による署名用電子証明書」とあるのは「届出書の内容」と、「附票管理市町村長又は機構」とあるのは「附票管理市町村長」と、「機構又は附票管理市町村長」とあるのは「機構」と読み替えるものとする。 (特定複合観光施設区域整備法の一部改正に伴う調整規定) 第七十八条 施行日が特定複合観光施設区域整備法附則第一条第三号に掲げる規定の施行の日前である場合には、前条中「附則第八条」とあるのは「附則第八条の見出しを「(情報通信技術を活用した行政の推進等に関する法律の一部改正)」に改め、同条」と、「の下に「」とあるのは「を「情報通信技術を活用した行政の推進等に関する法律」と、「を加え、」とあるのは「に改め、同条のうち」と、「別表」とあるのは「第十二条本文の改正規定中「第十二条本文」を「第十八条本文」に改め、同法別表」とする。 このような規定が〈なぜ法制化されたのか〉ということへの理解が非常に重要で、そのためには〈デジタル技術の進歩により世の中がどのように変わりつつあるのか〉を考える必要があります。

Next

【特別寄稿】デジタルファースト時代の地方自治体の「デジタル化」を考える

理由1:地方自治体の対応が努力義務であるため オンライン化の判断は、必須義務ではなく各行政機関の裁量に任せられています。 第八条中「第十八条を除き、」を削り、「記載等」を「住民票の記載等」に、「第四章の三」を「第四章の四」に改める。 )に対し」に、「その者から通知カードの返納及び前条の主務省令で定める書類の提示を受け、又は同条」を「前条」に改め、同条第二項中「第二十四条の二第一項に規定する最初の転入届」を「第二十二条第一項の規定による届出又は国外転出届」に、「当該最初の転入届」を「これらの届出」に改め、同条第四項中「住所地市町村長」を「その者が記録されている住民基本台帳を備える市町村の長(次項及び第七項において「住所地市町村長」という。 )を受けて行う受領した本人確認情報等又は第三十条の四十四の十二において準用する第三十条の二十八第一項に規定する受領した附票本人確認情報等の電子計算機処理等に関する事務に従事している者又は従事していた者 第四十六条第二号中「又は」を「第十五条の四(第三十条の五十一の規定により読み替えて適用する場合を含む。 (除票の写し等の交付) 第十五条の四 市町村が保存する除票に記載されている者は、当該市町村の市町村長に対し、その者に係る除票の写し(第十五条の二第二項の規定により磁気ディスクをもつて除票を調製している市町村にあつては、当該除票に記録されている事項を記載した書類。

Next