郡山 爆発 事故。 福島 郡山 飲食店の建物で爆発 現場監督の男性死亡 18人けが

郡山市爆発事故の動画と画像!ガス漏れが原因?「大きな揺れと爆発音が衝撃だった」

我が家からも爆発直後、 黒い煙が見えました。 出典: 爆発原因そのものはプロパンガスによる爆発でほぼ間違いありませんが、なぜプロパンガスで爆発が起こったのか未だ解明されていません。 ガス関係の工事は一切請け負っていないため、むしろ今回の事件に巻き込まれた被害者と言えるでしょう。 ただ、複数の住民は「全てを賄えるかどうかは分からない」などと説明を受けたと証言する。 玄関先の天井が抜け落ち、ガラス窓が割れるなどした。 県警郡山署などは遅くとも前日からガスが漏れて店内に充満し、引火したとみて調べている。

Next

郡山の飲食店で爆発、1人死亡19人けが

よろしくお願いします。 今回の事故も、そうしたコロワイドの企業体質が影響していなかったとはいえないのではないでしょうか」 事故原因の究明が待たれる。 あと1週間ほどで営業を再開できる見込みですが、休業していたこの1か月間の収入は補償のめどが立っていません。 Q3 誰に対して補償(賠償)を求めることができるのでしょうか? A3 今回の爆発事故について誰が損害賠償義務を負うかは,事故原因の解明を待たなければはっきりしません。 飲食店では、LPガスを使用している店舗が非常に多いのが現状です。

Next

郡山市の爆発事故の原因は何だったのか?動画や画像とともに調査!

怖かったです。 ただ、ガスが漏れただけでは爆発は起こらない。 親会社・コロワイドの野尻公平社長らは午後に同市役所で記者会見し、「この度は甚大な被害を引き起こし、申し訳ありません。 この場所から15キロ先まで爆発音が聞こえたという報道もあり、相当大きな爆発事故だったことが伺えます。 県警は業務上過失致死傷の疑いもあるとみて事故原因を調べている。 まずはお見舞い申し上げます…。

Next

郡山爆発、まだ「原因究明中」 補償示されず不満と不安:朝日新聞デジタル

飲食店側は保険でカバーされない範囲を基金(約6000万円)で補償するというが、明確な説明はまだない。 8%安の1201円と、2014年6月以来6年ぶりの日中安値を付けた。 営業再開に向けて改修工事をしていたならば、ガスの配管、あるいは器具の近くで工事などが行われていた可能性があり、それによってガス漏れが発生したのではないか、ということがまずは考えられる」としています。 現場近くに支店がある東邦銀行によると、開店準備中の支店の行員2人と、現金自動預払機(ATM)の利用客2人がけがをし、病院に搬送された。 爆発した店があった地区の町内会長を務めている田中進さん(71)は、現場から30メートルほど離れた自宅にいて、妻や息子とともに爆風で割れたガラスでけがをして病院に運ばれました。 詳しくは勤務先や労働基準監督署にお問い合わせください。

Next

【画像】福島県郡山の爆発事故の場所はどこ?温野菜のお店は新さくら通り?

田中さんは、「爆発の10分ほど前に帰宅して部屋に座ったら突然ガラスが飛んできました。 爆発の影響は周辺の広い範囲に及び、複数の建物でガラスが割れたり、壁が壊れたりした。 ガソリンスタンドも近くにあるし。 また、リハビリなどを行う部屋でも天井についていたエアコンのカバーが2つ外れたということです。 「デイリー新潮」は、コロワイドによる大戸屋買収について複数回にわたって報じてきた。 付近には住宅も多く、学校も点在している。 爆弾テロと言われたら信じちゃうような惨状。

Next

しゃぶしゃぶ温野菜(郡山市)の爆発原因はガス漏れ!タバコ吸ってガスに引火か

また、僕なりの考えも伝えて行けたらと考えております。 爆発があった現場から南に100メートルほどの桑野協立病院では、現場側の病室などの窓ガラス、およそ90枚が割れ、さらに病棟内の一部の電灯も落ちる被害がありました。 その様子を再現してみよう。 改装工事のため店内にいた男性会社員(当時50歳)が死亡、19人が重軽傷を負い、爆風による建物被害は半径数百メートルの範囲に及んだ。 県警は、腐食部分からガスが漏れて店内に充満し、爆発につながった可能性が高いとみて、配管の管理に問題がなかったか調べる。 なお,爆発事故があった飲食店のフランチャイズ本部会社の親会社(株式会社コロワイド)は,爆発事故の補償についての電話相談窓口を設けるとしています。 郡山市は現場付近の住民向けに避難所を開設した。

Next

郡山市の飲食店での爆発事故で被害にあわれた方へ

今回の爆発事故による被害は,報道などを見る限り,爆風やがれきの飛散などによるものと思われますので,失火責任法が適用される可能性は低いでしょう。 子会社が「しゃぶしゃぶ温野菜」を運営する外食大手コロワイド(横浜市)の野尻公平社長は7月30日の記者会見で、「亡くなった方、被害に遭った方に心からおわびし、全力で対応します」と陳謝。 店内の腐食した配管から漏れたプロパンガスが爆発したとみられ、県警が業務上過失致死傷容疑で捜査している。 また、おととし12月には、札幌市の不動産会社の店舗で爆発があり、周辺の住民など40人以上が重軽傷を負ったほか、まわりの建物の窓ガラスが割れるなどしました。 事故が起こった現場は、新さくら通り沿いにあるしゃぶしゃぶチェーン店「温野菜」の店舗。

Next

ガス管、事故前に損傷 少量ずつ漏れ充満か 郡山の爆発事故

いずれにせよ,今後の警察や消防による事故原因の解明を見守る必要があります。 その場合は取引先の金融機関で相談に乗ってもらえる その他にも被害状況が分かるように写真はたくさん撮っておくようにとのアドバイスも。 けが人のうちいずれも40代の女性2人が重傷で、意識はあるという。 しかし,同法に定める「失火」は,火力(燃焼作用)によって物が損傷した場合をいうと解釈されています。 真相はどうなのか現在、調査中とのことですが 一刻も早く原因が解明されることを願っています。 僕はこれまでいろんな仕事をしてきました。

Next