最強 出涸らし 皇子 の 暗躍 帝位 争い。 最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い~帝位に興味ないですが、死ぬのは嫌なので弟を皇帝にしようと思います~

最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する タンバ:ライトノベル

活動報告で書籍版の新キャラ、マリーを公開しました。 そんな中にあって、皇太子に選ばれる事は 絶対にありえないだろう ( ・・・・・・・・・・・ )だろうと評される一人の皇子がいた。 560 views• 肩書『蒼鴎姫・秘密の共有者』 蒼鴎姫 ブラウ・メーヴェとも評される絶世の美女。 そんなアルノルトだが、激しさを増す帝位争いを見てある決意をする。 気ままに過ごす彼は「優秀な双子の弟に良い所を吸い取られた『出涸らし皇子』」と、帝国中から馬鹿にされていた。

Next

最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い~帝位に興味ないですが、死ぬのは嫌なので弟を皇帝にしようと思います~

魔王を討った勇者の家系であるアムスベルグ勇爵家の跡取り娘。 優しく、人を思いやれる性格で血のつながった家族で争うことに疑問を抱いている。 数少ないシルバーの正体を知るものとしてアルノルトにとって特別な存在。 670 views• 主人公が序盤から最強格になるので、 俺つえーを終始味わうことができてストレスフリーでした。 原作好きな方だと楽しめると思います。

Next

ダメダメ皇子がじつは最強冒険者!? 『最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い』国中から馬鹿にされるダメ兄皇子が弟のためにクールに暗躍

弟のレオナルトは、周りからの人望が厚く、将来を期待されていますが、兄のアルノルトは、やる気のないダメな王子という評判を受けています。 常にアルに従うアルの理解者。 最強皇子による縦横無尽の暗躍ファンタジー! 640 views• 「小説家になろう」にて絶大な人気を誇る作品が満を持して書籍化! 無能で無気力な底辺皇子・アルノルト。 フィーネ・フォン・クライネルト 16歳。 ではまたノシ. 勢力基盤は魔導師 出展: 本編登場人物よりお借りしました。 虐められているアルを常に助け、アルを叱咤した救世主にして天敵。

Next

ダメダメ皇子がじつは最強冒険者!? 『最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い』国中から馬鹿にされるダメ兄皇子が弟のためにクールに暗躍

強大な軍事力と広大な領土を保有するこの帝国では、帝位を巡って争いが起きていた。 宮廷内ではコツコツ弟の名声を高めるために賊の討伐やら貴族の取り込みやらをするしかないですが、 いざ大型モンスターや大災害が起こったらss級冒険者としてワンパンし、ついでに帝位争いを有利に進めていきます。 双子の弟にすべてを持っていかれた出涸らし皇子と揶揄される少年だ。 ちなみに Web版とはタイトルが違います。 歴代の勇爵家の中でもひときわ優秀で、初代の再来と言われている。

Next

最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い(角川スニーカー文庫)

9k views• 5k views• 690 views• 最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い そんなわけで紹介してきました「 最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い」 現在は 4巻まで発売中 最新の4巻は 8月1日に発売。 ぜひ一話だけでも目を通してみてください。 その名も アルノルト・レークス・アードラー第七皇子。 810 views• 結構家族内の争いは複雑でごたごたになるかと思いますが、主人公は表舞台に出ずに裏方で活躍 暗躍 するお話なので表と裏で話がつながるのが面白いです。 このように、兄弟が主人公ですが、二人の間にコンプレックスや、醜い争いはありません。 勢力基盤は武官 ザンドラ・レークス・アードラー 第二皇女。 その反面、心理描写が少なくてキャラへの感情移入がし辛い作品なので没入感は薄い。

Next

最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する タンバ:ライトノベル

読了後の評価にご協力をお願いします。 出展: メインの登場人物 アルノルト・レークス・アードラー 肩書『出涸らし皇子』 俺。 また、問答の後ではアルノルトとレオナルトが軽口を叩きあうという兄弟の絆を感じさせるシーンも。 セバスチャン 肩書『万能執事』 セバスと呼ばれるアルの執事。 胸は控え目。

Next

最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する タンバ:ライトノベル

かつて死神と恐れられた暗殺者だが、いろいろあって執事になった。 レオナルトの評価を下げる一因となるアルノルトをあまりよく思っていない。 生まれ持った素質は違えど、やはり兄は兄。 なろう以外にもハーメルンのオススメも紹介しているので、2次小説好きでしたらそちらの記事も是非。 この地の冒険者ギルドに、怪しげな人物がキング・ミノタウロスの巨角を引きずりながら来訪します。 容姿はレオナルト同様に整っているが、締まりがない、精悍さに欠ける。 ボリューム満点な作品で、各章ごとに特色が出ていて読みやすかったです。

Next